新規登録 ログイン
検索条件
タグ 掛詞

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、短歌によく使われているテクニックについて紹介しています。 自分で短歌を作るときの参考になると思います。 字余りと字足らず よく目にするのが字余りと字足らずです。 短歌... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に別れぬるかな」ついて説明しています。 原文 むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古今著聞集『衣のたて』 ここでは、古今著聞集の中の『衣のたて』の現代語訳をしています。書籍では『衣のたてはほころびにけり』、『源義家、衣川にて安倍貞任と連歌のこと』とするものもあるようです。 原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「風になびく富士の煙の空に消えて ゆくへもしらぬわが思ひかな」という歌について説明していきます。 原文 風になびく富士の煙の空に消えて ゆく... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、百人一首に詠まれている「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」の現代語訳・口語訳とその解説、品詞分解を行っています。作者は和泉式部の娘の小式部内侍です。この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の23段『 筒井筒』また『古今和歌集』、『大和物語』にも収録されている歌「風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ」の現代語訳・口語訳と解説、そして... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集に入っている「むすぶ手のしづくに濁る山の井の飽かでも人に別れぬるかな」という歌の現代語訳と品詞分解をしていきます。 原文 むすぶ手のしづくに濁る山の井の飽かでも人に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。この歌は小倉百人一首にも収録... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「冬枯れの野辺とわが身を思ひせばもえても春を待たましものを」という歌について説明していきます。 原文 冬枯れの野辺とわが身を思ひせば もえても... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!