新規登録 ログイン
検索条件
タグ 序詞

1

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、短歌によく使われているテクニックについて紹介しています。 自分で短歌を作るときの参考になると思います。 字余りと字足らず よく目にするのが字余りと字足らずです。 短歌... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に別れぬるかな」ついて説明しています。 原文 むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものそ」という歌について説明していきます。 原文 夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「春日野の雪間をわけて生ひ出でくる草のはつかに見えし君はも」という歌について説明していきます。 原文 春日野の雪間をわけて生ひ出でくる草のはつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集に入っている「むすぶ手のしづくに濁る山の井の飽かでも人に別れぬるかな」という歌の現代語訳と品詞分解をしていきます。 原文 むすぶ手のしづくに濁る山の井の飽かでも人に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『新古今和歌集』に収録されている歌「駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人に逢はぬなりけり」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)

1


知りたいことを検索!