新規登録 ログイン
検索条件
タグ 方丈記

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
方丈記『ゆく川の流れ』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の「ゆく河の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 ゆく河... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ゆく川の流れ ここでは、鴨長明が書いた方丈記「ゆく川の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の品詞分解を行っています。 現代語訳はこちら 方丈記「ゆく河の流れは絶えずして〜... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『安元の大火』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の、「安元の大火」(予、ものの心を知れりしより〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「大火とつじ風」と題する... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記「安元の大火」 ここでは、鴨長明が書いた方丈記の中から、「安元の大火」(予ものの心を〜)の品詞分解を記して。書籍によっては「大火とつじ風」と題するものや「いんじ安元三年四月二十八日〜」から... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『養和の飢饉』 ここでは、方丈記の中の『養和の飢饉』(また養和のころとか〜)の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) また養和のころとか、 久しくなりて覚えず。二年が間、世の中飢渇して... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『養和の飢饉』 ここでは、方丈記の中の『養和の飢饉』(また養和のころとか、久しくなりて覚えず〜)の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 方丈記『養和の飢饉(また養和のころとか〜)』の現... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『養和の飢饉』 ここでは、方丈記の中の『養和の飢饉』(またいとあはれなることも侍りき〜)の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) またいとあはれなることも侍りき。去りがたき妻・夫持ちた... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!