新規登録 ログイン
検索条件
タグ 鴨長明

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
方丈記『ゆく川の流れ』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の「ゆく河の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 ゆく河... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『安元の大火』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の、「安元の大火」(予、ものの心を知れりしより〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「大火とつじ風」と題する... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『養和の飢饉』 ここでは、方丈記の中の『養和の飢饉』(また養和のころとか〜)の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) また養和のころとか、 久しくなりて覚えず。二年が間、世の中飢渇して... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『数寄の楽人(時光茂光の数寄天聴に及ぶ事)』 ここでは、鴨長明が書いた発心集の中の『数寄の楽人(時光・茂光の数寄天聴に及ぶ事)』の現代語訳と解説をしています。 原文 中ごろ、市正時光といふ笙吹き... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふもの ありて、人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あさまし 形容詞・シク活用 |未然形|あさましく|あさましから| |連用形|あさましく|あさましかり| |終止形|あさまし|◯| |連体形|あさましき|あさましかる| |已然形|あさましけれ|◯... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『うつくしきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「うつくしきもの」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 うつくしきもの。瓜にかぎたるちごの顔。すずめの子の、 ねず鳴... (全て読む)

1

2

3

4