新規登録 ログイン
検索条件
タグ グラフ

1

2

3

4

14_80
Text_level_1
不等式の証明 導関数を用いて、x \leq 0 のとき、 x^{3} \leq 6x^{2}-9x が成り立つことを証明してみましょう。 考え方 f(x)=x^{3} \leq 6x^{2}-9... (全て読む)
14_80
Text_level_2
3次方程式の解の数に合わせて定数を決める aを定数とするとき、 x^{3}-3x^{2}+a=0 が3つの異なる解を持つaの範囲について考えてみましょう。 考え方 ・a=-x^{3}+3x^{2... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の最大最小値は、 xの定義域によってその値が変化します。 次の問題を一緒に解いてみましょう。 y=x ^{2} -2x+4 …①のグラフにおいて 1:-1≦x≦0 2:0≦x≦2 3:2... (全て読む)
14_80
Text_level_1
対数関数 logを使った関数、例えば y=log_{a}x のような関数を、対数関数と言います。 a>0のとき、対数関数のグラフは次のようになります。 指数関数がx軸を漸化線にしていたのと同じよ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
指数関数のグラフ a>0かつaが1ではないとき、 y=a^{x} は、aを底とするxの指数関数であるといいます。 今までみてきた2次関数等との違いは、a>0、aが1ではない、かつ、 xがマイナス... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数のグラフとx軸の交点の数 y=ax ^{2} +bx+c の関数のグラフを描いたときに、x軸と関数のグラフが交錯する箇所は何箇所あるでしょうかという問題が出されることがあります。 そのよ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
y=sinθのグラフの書き方 ここでは、"y=sinθ"のグラフの書き方についてみていきます。 形を丸暗記するのではなく、なぜこういうグラフになるのかをしっかりと理解するようにしましょう。 y=... (全て読む)
14_80
Text_level_1
y=tanθのグラフの書き方 ここでは、"y=tanθ"のグラフの書き方についてみていきます。 形を丸暗記するのではなく、なぜこういうグラフになるのかをしっかりと理解するようにしましょう。 y=... (全て読む)
12_80
Text_level_1
対称移動とは 座標上の点Aと、点A'の関係について考えてみましょう。 点Aと点A'のy座標は等しく、点Aのx座標はa、点A'のx座標は-aなので、この2つの点はy軸から等しい距離にあることがわか... (全て読む)
12_80
Text_level_1
定義域と値域 高校数学では、 y=f(x)(0≦x≦4) と記されることが多くあります。これはどういうことかというと、「関数"y=f(x)"において、"0≦x≦4"の範囲だけについて考えなさい」... (全て読む)

1

2

3

4