新規登録 ログイン
検索条件
タグ 弧度法

1

2

3

4

14_80
Text_level_1
三角関数の値の正負 角の動径がどの象限に含まれているかによって、三角関数の値の正負が変わってきます。これを図示すると次のようになります。 例えば \theta < \frac{1}{4} \pi... (全て読む)
14_80
Text_level_2
弧度を使って弧の長さと面積を求める 半径がrで中心角がθの扇の弧の長さをl、面積をSとしましょう。 扇の弧の長さ ちょっと思い出してください。円の弧の長さは、2×π×rで求められましたよね。そし... (全て読む)
14_80
Text_level_1
弧度法とは これまでは、90°や180°といった角度を基準に角の大きさをみてきました。 この単元からは角の大きさをみるときにもう1つの尺度を使います。それが 弧度法と言われるものです。 弧度法と... (全て読む)
14_80
Text_level_1
y=sinθのグラフの書き方 ここでは、"y=sinθ"のグラフの書き方についてみていきます。 形を丸暗記するのではなく、なぜこういうグラフになるのかをしっかりと理解するようにしましょう。 y=... (全て読む)
14_80
Text_level_1
y=tanθのグラフの書き方 ここでは、"y=tanθ"のグラフの書き方についてみていきます。 形を丸暗記するのではなく、なぜこういうグラフになるのかをしっかりと理解するようにしましょう。 y=... (全て読む)
14_80
Text_level_1
弧度法とは これまで図形では、角度を表すのに30°や45°、つまり"°"を用いていました。この表し方を"度数法"といいます。 今回新しく登場する弧度法では角度を表すために、扇の弧の長さ、または中... (全て読む)
14_80
Text_level_1
三角関数とは 座標のx軸の正の部分を出発点(始線)として、図の色のかかった角の大きさをθとします。点Pの座標を(x,y)としたとき、sinΘ、cosΘ、tanΘの値は、円の半径rの値に関係なく、... (全て読む)
14_80
Text_level_1
y=sin2θのグラフの書き方 ここでは、 y=sinθのグラフをもとに、"y=2sinθ"のグラフを書く方法についてみていきます。 形を丸暗記するのではなく、なぜこういうグラフになるのかをしっ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
y=cosθのグラフの書き方 ここでは、"y=cosθ"のグラフの書き方についてみていきます。 形を丸暗記するのではなく、なぜこういうグラフになるのかをしっかりと理解するようにしましょう。 y=... (全て読む)
14_80
Text_level_1
三角関数を含む方程式 \theta = \frac{3}{4} \pi のとき、sinθの値を求めてみましょう。 0≦θ<2πの範囲で、 弧度法で"3/4 π"の角を 度数法書き換えると、"θ=... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!