新規登録 ログイン
検索条件
タグ 桐壺の更衣

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 「見たてまつりて、くはしう御ありさまも奏しはべらまほしきを、待ちおはしますらむに、夜更けはべりぬべし」とて急ぐ。 「暮れまどふ心... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 野分立ちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、常よりも思し出づること多くて、靫負命婦といふを遣はす。夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 はかなく日ごろ過ぎて、後のわざなどにもこまかにとぶらはせたまふ。 ほど経るままに、せむ方なう悲しう思さるるに、御方がたの御宿直な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 その年の夏、御息所、はかなき心地にわづらひて、まかでなむとしたまふを、暇さらに許させたまはず。 年ごろ、常の篤しさになりたまへれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めきたまふありけり。 「は... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 先の世にも御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男御子さへ生まれたまひぬ。いつしかと心もとながらせたまひて、急ぎ参らせて御覧ず... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 この御子三つになりたまふ年、御袴着のこと一の宮のたてまつりしに劣らず、内蔵寮、納殿の物を尽くして、いみじうせさせたまふ。それにつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 限りあれば、さのみもえ留めさせたまはず、御覧じだに送らぬおぼつかなさを、言ふ方なく思ほさる。いとにほひやかにうつくしげなる人の、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 命婦は、「まだ大殿籠もらせたまはざりける」と、あはれに見たてまつる。 御前の壺前栽のいとおもしろき盛りなるを御覧ずるやうにて、忍... (全て読む)

1

2

3

4