新規登録 ログイン
検索条件
タグ ロック

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
近代哲学の発展 この時代以前、キリスト教中心の社会の中で、信仰と理性は融合すべきものという考え方が主流でした。 しかし、次第にこの2つを分離すべきだという主張がなされるようになり、近代哲学の新し... (全て読む)
18_80
Text_level_2
大陸会議の開催 ボストン茶会事件を境に、本国の圧政に反対する人々の数は次々に増えていきました。 1774年には、ジョージア州を除く12州の代表者がペンシルヴァニア州の首都フィラデルフィアに集ま... (全て読む)
18_80
Text_level_2
社会契約説の登場 グロティウスの著作を通じて、自然法の重要性が認識されるようになると、新たな政治思想として社会契約説が現れます。 社会契約説とは、自然法を基礎として、「社会も国家も人々一人ひとり... (全て読む)
18_80
Text_level_2
世界史の中でも、大きな変革期であったフランス革命はどのようなきっかけで起こり、進展していったのでしょう。その様子を数回にわけて書いていきます。 革命前のフランス社会 18世紀のフランスは、アン... (全て読む)
22_80
Text_level_1
社会契約説を唱えた3人の思想家 ここでは社会契約説を唱えた思想家の中でも、ホッブス、ロック、ルソーの3人に注目をしてそれぞれの思想の特徴についてまとめています。 |-|ホッブス|ロック|ルソー|... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回はグロティウスの唱えた自然法を最初に考え、それから派生した社会契約説(特にホッブス)について説明をしました。今回はその2回目で、ここではロックについてみていきましょう。 ホッブス... (全て読む)
20_80
Text_level_1
はじめに 前回は、民主政治の基本原則がどのように成立したかを述べました。 このテキストでは、民主政治成立の原点を見ていくことにしましょう。 近代民主主義の思想 近代民主主義の思想は、社会契約説を... (全て読む)
18_80
Text_level_2
17〜18世紀のヨーロッパ文化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 科学 ・17世紀には、自然科学が急速に発達し、科学革命... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アメリカ独立革命で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 北アメリカの植民地 ・1584年から1585年にかけて、エリザベス1... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  ロックは17世紀後半に活躍し、イギリス経験論を体系的に展開した哲学者・政治学者・医者。自然科学に興味を持ち、オックスフォード大学で医学を学び、物理学のニュートンらとも親交を持つ。ロンド... (全て読む)

1

2

3

4