新規登録 ログイン
検索条件
タグ ルソー

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
社会契約説の登場 グロティウスの著作を通じて、自然法の重要性が認識されるようになると、新たな政治思想として社会契約説が現れます。 社会契約説とは、自然法を基礎として、「社会も国家も人々一人ひとり... (全て読む)
22_80
Text_level_1
社会契約説を唱えた3人の思想家 ここでは社会契約説を唱えた思想家の中でも、ホッブス、ロック、ルソーの3人に注目をしてそれぞれの思想の特徴についてまとめています。 |-|ホッブス|ロック|ルソー|... (全て読む)
22_80
Text_level_2
青年期の特徴とは? 青年期は、人間が心身ともに子供から大人に変わっていく時期を指します。 胎児の頃から、男性、女性それぞれの生殖器を備えて誕生することを第一次性徴といいますが、その後ホルモンの分... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回は、ホッブスの唱えた社会契約説に、ロックが抵抗権と革命権を付け加えた新しい社会契約説を提唱したと説明しました。 ロックはそのためには議会制民主主義を採用することがベストな手段であ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
東洋のルソー 中江兆民 開国後、日本には多くの西洋思想が入ってきました。森有礼、福沢諭吉らを中心に結成された明六社がイギリス流の民主主義を紹介していた一方で、フランスの思想を受けたのが中江兆民や... (全て読む)
20_80
Text_level_1
はじめに 前回は、民主政治の基本原則がどのように成立したかを述べました。 このテキストでは、民主政治成立の原点を見ていくことにしましょう。 近代民主主義の思想 近代民主主義の思想は、社会契約説を... (全て読む)
18_80
Text_level_2
17〜18世紀のヨーロッパ文化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 科学 ・17世紀には、自然科学が急速に発達し、科学革命... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  18世紀フランスの啓蒙思想家。哲学、政治論、教育論、文学、音楽などその活動は多岐にわたる。出身はスイスのジュネーブで、時計職人の家に生まれる。生後まもなく母を亡くし、13歳の時に父が原... (全て読む)
17_80
Text_level_2
文明開化 明治維新は、王政復古の大号令ではじまったように、はじめは復古的特徴が強いものでしたが、明治政府は「百事一新」「旧制打破」のスローガンのもと、欧米社会からさまざまな制度・知識・文化などを... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治文化 明治文化の特色としては、第1に従来からの日本文化を継承しながら、急速に西洋文化を受容し、日本独自の文化を築いたこと、第2に、当初は政府主導のもと発展したものの、次第に国民の自主努力によ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!