新規登録 ログイン
検索条件
タグ 薩摩藩

1

17_80
Text_level_3
はじめに 当時犬猿の仲にあった薩摩藩と長州藩の間を、坂本龍馬がとりもって同盟を結ばせたという話はあまりにも有名ですが、なぜ薩摩と長州は手をとりあったのでしょうか。 薩摩藩の背景 お互いの利害が一... (全て読む)
4_80
Text_level_1
江戸幕府の末期、そして明治維新を経て新政府の設立の中心となったのが薩摩・長州・土佐・肥前出身の若者たちでした。 この4つの藩を合わせて薩長土肥(さっちょうとひ)と言います。 ここではそれぞれの藩... (全て読む)
4_80
Text_level_1
江戸時代の大名の種類 石高が1万石以上ある武士のことを大名と言いますが、江戸時代には3種類の大名がありました。 親藩 徳川の血をひく大名です。 中でも尾張徳川家(おわりとくがわけ)、紀伊徳川家(... (全て読む)
17_80
Text_level_2
公武合体と討幕運動 開国なのか、それとも攘夷なのかとゆれる中で、朝廷と手を組んで政治をうまく動かそうとする動きが諸藩の中から出てきます。このことを公武合体と言います。外様ながら力のあった長州藩や... (全て読む)
17_80
Text_level_2
会津藩と庄内藩 江戸時代後半から開国の時期にかけて、会津藩は京都守護職という幕府の役職について京都の警護を、庄内藩は江戸市中取締を幕府から任命されていました。このために薩摩藩や長州藩が中心となっ... (全て読む)
4_80
Text_level_1
江戸時代では、各藩が幕府を代表して近隣諸国との関係を作って行きました。 薩摩藩と琉球王国 薩摩藩はいまの鹿児島県、琉球王国はいまの沖縄県にあたります。もともと沖縄は日本ではなく別の国だったのです... (全て読む)
17_80
Text_level_2
初期の外交 1600年(慶長5年)、関が原の戦いと同年に、オランダのリーフデ号という船が豊後に漂着しました。当時のヨーロッパでは、毛織物産業で富を蓄積していたイギリスと、スペインから独立した新興... (全て読む)
17_80
Text_level_2
政局の転換と幕府の衰退 ハリスとの通商条約締結交渉が進んでいたころ、幕府では13代将軍徳川家定(1824~58)に子がいなかったため、後継ぎを巡って将軍継嗣問題が争点となっていました。譜代大名ら... (全て読む)
17_80
Text_level_2
討幕運動 第1次長州征討により幕府・列強に屈服した長州藩は、幕府に恭順的な藩政になっていきました。攘夷が不可能だと悟った高杉晋作・桂小五郎(木戸孝允,1833~77)は、藩の上層部に反発し、高杉... (全て読む)

1


知りたいことを検索!