新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
日清戦争 日清戦争とは、日本と清国が朝鮮半島をめぐって起こった戦争のことです。 1894年7月から1895年3月まで繰り広げられました。結果は御存知の通り日本が清に勝ちましたが、その結果何がもた... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 前回は、なぜ海外の布教を宣教師たちが盛んに行ったのかを中心に見ていきましたが、今回は、フランシスコ=ザビエルののち、中国で布教活動を行った宣教師たちを説明します。 マテオ=リッチ(15... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 中国の歴史上、官吏登用制度はさまざまな変遷を遂げてきました。 このテキストでは、その内容を時代ごとに見ていきましょう。 前漢・後漢 郷挙里選 この制度は、能力のある人物を、地方の長官が... (全て読む)
17_80
Text_level_2
日清戦争が起こった背景について説明します。 日清戦争 はじめに日清戦争とは、1894-1985年に行われた大日本帝国と清国との戦争のことです。 大国であった清に勝利した日本は、その存在を世界に知... (全て読む)
18_80
Text_level_1
よく似ている言葉 「江浙熟すれば天下足る」、「湖広熟すれば天下足る」とは、主に中国の稲作生産地の変遷を表した言葉です。 この2つの言葉が表す内容や時代背景は大きく異なります。 「江浙熟すれば天下... (全て読む)
18_80
Text_level_2
清朝とは 清朝は、1636年から1912年まで続いた中国最後の統一王朝です。 この清朝は、中国の中でも東北地方で生活していた女真族によって建てられた王朝でした。 ヌルハチ(太祖)が初代皇帝となっ... (全て読む)
18_80
Text_level_1
清朝末期に起きた2つの運動 清朝末期、中国社会で洋務運動と変法運動という2つの政治運動が起こります。 この違いは何なのか、見てみましょう。 太平天国の乱と洋務運動 清朝末期、太平天国の乱という... (全て読む)
18_80
Text_level_2
冊封体制とは 冊封体制とは、中国皇帝を頂点とし、周辺諸国の支配者との間に君臣関係を結び成立させた国際秩序のことです。 この根底には、中国の中華思想がありました。 中国は長い間、高度な文明を築いた... (全て読む)
18_80
Text_level_2
清の統一で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 女真族とヌルハチ ・中国東北地方には、ツングース系の女真族が住んでいたが、ヌ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ロシアの東方進出 ロシアの前身だったモスクワ大公国の雷帝イヴァン4世(在位1533〜1584)は、専制君主体制のツァーリズムを開始するとともに、コサックの族長 イェルマークを指名し、東方のシベ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!