新規登録 ログイン
検索条件
タグ 西郷隆盛

1

4_80
Text_level_1
江戸幕府の末期、そして明治維新を経て新政府の設立の中心となったのが薩摩・長州・土佐・肥前出身の若者たちでした。 この4つの藩を合わせて薩長土肥(さっちょうとひ)と言います。 ここではそれぞれの藩... (全て読む)
17_80
Text_level_1
薩長土肥出身の有名人 江戸幕府の末期、そして明治維新を経て新政府の設立の中心となったのが薩摩・長州・土佐・肥前出身の若者たちでした。 この4つの藩を合わせて薩長土肥(さっちょうとひ)と言います。... (全て読む)
17_80
Text_level_1
征韓論から民撰議院設立建白書の提出へ 1871年~1873年の間、岩倉使節団として、岩倉具視を団長とする政府の要人たちが最先端の政府の仕組みや憲法を勉強するために海外へと留学に行っています。この... (全て読む)
17_80
Text_level_1
前回は江戸初期にさかんだった学問である儒学の中でも朱子学について考えました。今回は陽明学について説明します。 陽明学 陽明学は、朱子学や幕府の体制を批判する者たちに好まれた学問です。知行合一すな... (全て読む)
17_80
Text_level_2
政局の転換と幕府の衰退 ハリスとの通商条約締結交渉が進んでいたころ、幕府では13代将軍徳川家定(1824~58)に子がいなかったため、後継ぎを巡って将軍継嗣問題が争点となっていました。譜代大名ら... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治維新 大政奉還後、新政府側は徳川慶喜を政権に加えず、辞官納地を求めました。この新政府による徳川氏への対応に、旧幕臣や会津・桑名藩士たちは憤激しました。一度大坂に引き上げた徳川慶喜は、1868... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治政府の外交 明治成立当初からの外交課題として、欧米諸国との不平等条約改正と清国・朝鮮の国交再開がありました。1871年(明治4年)、明治政府は条約改正の予備交渉と欧米の視察を目的とした岩倉使... (全て読む)

1


知りたいことを検索!