新規登録 ログイン
検索条件
タグ 狂言

1

9_80
Text_level_1
ひさし/久し 形容詞・シク活用 |未然形|ひさしく|ひさしから| |連用形|ひさしく|ひさしかり| |終止形|ひさし|◯| |連体形|ひさしき|ひさしかる| |已然形|ひさしけれ|◯| |命令形... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なかなか ※「なかなか」は ①副詞 ②感動詞 としての用法がある。 ①副詞 意味1 なまじっか。 [出典]:夕顔 源氏物語 「なかなか恥ぢかかむよりは罪ゆるされてぞ見えける。」 [訳]:なまじっ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いづれ/何れ 「いづれ」には ①代名詞 ②副詞 の用法がある。 ①代名詞 意味1 (複数の人物や事象の中からひとつを選んで) どれ、どの、いつ。 [出典]: 桐壷 源氏物語 「いづれの御時にか、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かたはらいたし/傍ら痛し 形容詞・ク活用 |未然形|かたはらいたく|かたはらいたから| |連用形|かたはらいたく|かたはらいたかり| |終止形|かたはらいたし|◯| |連体形|かたはらいたき|か... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いかにも/如何にも 副詞「いかに」と係助詞「も」が一語になったもの。 連語 意味1 どのようにでも。 [出典]: 木曾最期 平家物語 「義仲、都にていかにもなるべかりつるが...」 [訳]:義仲... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことわり/理/断り 名詞 意味1 物事の道理、物事の道筋。 [出典]: 蓬莱の玉の枝 竹取物語 「翁、ことわりに思ふ。」 [訳]:(竹取の)翁は、(車持皇子の言うことが)道理だと思う。 意味2 ... (全て読む)

1