新規登録 ログイン
検索条件
タグ 感動詞

1

9_80
Text_level_1
さはれ/然はれ ※「さはれ/然はれ」には、 ①感動詞 ②接続詞 の用法がある。 ①感動詞 意味 ええい、ままよ、どうとでもなれ。 [出典]: 枕草子 清少納言 「げに遅うさへあらむは、いと取りど... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あはれ ※「あはれ」には、 ①感動詞 ②名詞 の用法がある。 ①感動詞 意味 ああ。 [出典]: 絵仏師良秀 宇治拾遺物語 「あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろく書きけるものかな。」 [訳... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なかなか ※「なかなか」は ①副詞 ②感動詞 としての用法がある。 ①副詞 意味1 なまじっか。 [出典]:夕顔 源氏物語 「なかなか恥ぢかかむよりは罪ゆるされてぞ見えける。」 [訳]:なまじっ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いかに/如何に/奈何に 「いかに」には、 ①形容動詞の連用形 ②副詞 ③感動詞 としての用法がある。 ①形容動詞の連用形の用法 意味 どのように、どんなふうに。 ※この用法は、形容動詞「いかなり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さても/然ても 「さても」には ①副詞 ②接続詞 ③感動詞 の用法がある。 ①副詞 意味1 そうであっても、それでも。 [出典]:若紫 源氏物語 「昼はさてもまぎらはしたまふを、夕暮となれば、い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さらば/然らば ※「さらば/然らば」には、 ①接続詞 ②感動詞 の用法がある。 ①接続詞 意味1 (前文の内容を受けて) それならば、そうしたら。 [出典]: 競べ弓・弓争ひ 大鏡 「中関白殿、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なんでふ/何でふ ※「なんでふ」は ①連体詞 ②副詞 ③感動詞 としての用法がある。 ①連体詞 意味 (疑問や反語の表現を作って) 何という、どれほどの、どういう。 [出典]:厳島御幸 平家物語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よや ※間投助詞「よ」と間投助詞「や」が一語になったもの。 感動詞 意味 (人に呼びかけて) おおい、〜よ。 [出典]: 猫また 徒然草 「肝心も失せて、防かんとするに力もなく、足も立たず、小川... (全て読む)

1