新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 化学基礎:酸化還元反応
タグ

1

23_80
Text_level_1
酸化数の登場背景 2Cu+O2→2CuOのような反応はイオン結合なので、電子がどのように移動したのかがわかりやすいです。しかしながら世の中には、 電子がどのようにいったりきたりしたのかがわからな... (全て読む)
23_80
Text_level_2
半反応式 半反応式とは、酸化還元反応で使用される化学反応式のことです。 電子( e-) を含んでいることが特徴です。 例えば、過マンガン酸カリウムの水溶液中での反応は、 MnO4-+8H++5e... (全て読む)
23_80
Text_level_1
ここでは酸化と還元についてみていきましょう。 ひとことで酸化・還元と言っても、実は3タイプの定義があります。 酸素を用いた定義 酸化 酸化とは物質が酸素と化合することを言います。例えば銅を燃焼さ... (全て読む)
23_80
Text_level_3
はじめに 問題を通して、イオン反応式と化学反応式の作り方につて学んでいきましょう。 問題 過マンガン酸カリウムKMnO4を硫酸で酸性にした水溶液を、ヨウ化カリウムKI水溶液と反応させた。このとき... (全て読む)
23_80
Text_level_1
酸化剤と還元剤 化学反応のときに、反応する物質から電子を奪ってその物質を酸化させ、自分自身は還元する。そのような物質のことを酸化剤と言います。逆に反応する物質に電子を与えて還元させ、自分自身は酸... (全て読む)
23_80
Text_level_2
酸化還元反応式の作り方 半反応式を作る 半反応式を作るには酸化剤、還元剤がどうのように変化するかを覚えていなければならない。 代表的な酸化剤、還元剤は前の"酸化剤と還元剤"にのっているので覚えよ... (全て読む)
23_80
Text_level_2
酸化剤と還元剤 酸化剤・・・相手から電子を奪って相手を酸化する物質⇒自身は還元される⇒自身の酸化数は小さくなり、相手の酸化数は大きくなる。 還元剤・・・相手に電子を与えて相手を還元する物質⇒自身... (全て読む)
23_80
Text_level_1
酸化数 ①単体中の原子の酸化数はすべて0  (例)H2 Cl2 Fe →すべて0 ②単原子イオンの酸化数はイオンの電荷と等しい  (例)Fe^(2+) →+2  Cl^- →-1 ③化合物中のア... (全て読む)

1

酸化と還元、酸化還元反応式、酸化数、酸化剤と還元剤、金属の酸化還元反応、金属のイオン化傾向、電池のしくみ、電気分解等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 化学
 化学基礎:物質の構成
   化学基礎:単体/化合物/混合物
   化学基礎:熱運動と物質の三態
   化学基礎:原子の構造
   化学基礎:電子配置と周期表
   化学基礎:イオンとイオン結合
   化学基礎:金属と金属結合
   化学基礎:分子と共有結合
 化学基礎:物質の変化
   化学基礎:原子量・分子量と物質量
   化学基礎:化学反応式
   化学基礎:酸と塩基
   化学基礎:水素イオンとpH
   化学基礎:中和反応
   化学基礎:酸化還元反応
 化学:物質の状態とその変化
   化学:状態変化/分子間力/化学結合/固体の構造
   化学:気体の法則
   化学:溶液
 化学:物質の変化と平衡
   化学:化学反応と熱・光
   化学:電気分解/電池
 化学:化学反応と化学平衡
   化学:反応速度
   化学:可逆反応/化学平衡とその移動
   化学:電離平衡
 化学:無機物質
   化学:典型元素
   化学:遷移元素
 化学:有機化合物
   化学:炭化水素
   化学:官能基を含む有機化合物
   化学:芳香族化合物
 化学:高分子化合物
   化学:合成高分子化合物
   化学:天然高分子化合物
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。