新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 東アジアの対応
タグ

1

18_80
Text_level_2
イギリスと清の貿易関係 18世紀以降、イギリスは競合国であるポルトガルやオランダの勢力を一掃し、清朝との貿易を独占していました。 ところが1757年以降、乾隆帝の時代に広州が唯一の外国貿易港と決... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アヘン密輸と清の対応 イギリスの三角貿易によって、清に輸出されたインド産アヘンの量は年々増加していきました。 1800年には4500箱(一箱約60kgのアヘン)だった輸入量は、1830年に2万... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アロー号事件 アヘン戦争が終わり、南京条約によって強制的に開国させられた清朝に対し、イギリスは積極的な貿易活動を再開しましたが、イギリス製品は中国市場であまり売れないという状況は変わりませんでし... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アヘン戦争とアロー戦争で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 アヘン戦争 ・清中期の中国では、天地会や哥老会、白蓮教などの秘... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ロシアの東方進出 ロシアの前身だったモスクワ大公国の雷帝イヴァン4世(在位1533〜1584)は、専制君主体制のツァーリズムを開始するとともに、コサックの族長 イェルマークを指名し、東方のシベ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アヘン戦争以後の中国社会 アヘン戦争終結後、アヘン輸入量の増加や高額な賠償金は、銀貨の高騰や税金の増額などを引き起こし、一般民衆の生活は次第に苦しくなっていきました。 中国社会が混乱する中、開... (全て読む)
18_80
Text_level_2
太平天国の乱以後の清朝 アヘン戦争、アロー戦争、太平天国の乱など、度重なる危機を乗り越えた清朝は、1860年以降、安定期に入ります。 アロー戦争が終わった後の清朝では、第10代皇帝同治帝(在位1... (全て読む)
18_80
Text_level_2
明治維新と朝鮮の開国で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 明治維新 ・長い間、鎖国を続けていた日本では、長崎の出島などに来... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ロシアの東方進出と清の改革で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 ロシアの東方進出 ・東方で中国と接していたロシアとの間には... (全て読む)

1

日本の開国と明治維新、東アジア国際秩序の再編等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 世界史
 先史時代
   先史時代
 西アジア・地中海世界の形成
   古代オリエント世界
   ギリシア世界
   ヘレニズム世界
   ローマ帝国
   キリスト教の成立と発展
 アジア・アメリカの古代文明
   イラン文明
   インドの古代文明
   東南アジアの諸文明
   中国の古典文明(殷・周の成立から秦・漢帝国)
   古代の南北アメリカ文明
 東アジア世界の形成と発展
   北方民族の活動と中国の分裂(魏晋南北朝時代)
   東アジア文化圏の形成(隋・唐帝国と諸地域)
   東アジア諸地域の自立化(東アジア、契丹・女真、宋の興亡)
 内陸アジア世界の形成
   遊牧民とオアシス民の活動
   トルコ化とイスラーム化の進展
   モンゴル民族の発展
 イスラーム世界の形成と拡大
   イスラーム帝国の成立
   イスラーム世界の発展
   インド・東南アジア・アフリカのイスラーム化
   イスラーム文明の発展
 ヨーロッパ世界の形成と変動
   西ヨーロッパ世界の成立
   東ヨーロッパ世界の成立
   西ヨーロッパ中世世界の変容
   西ヨーロッパの中世文化
 諸地域世界の交流
   陸と海のネットワーク
   海の道の発展
 アジア諸地域世界の繁栄と成熟
   東アジア・東南アジア世界の動向(明朝と諸地域)
   清代の中国と隣接諸地域(清朝と諸地域)
   トルコ・イラン世界の展開
   ムガル帝国の興隆と衰退
 ヨーロッパの拡大と大西洋世界
   大航海時代
   ルネサンス
   宗教改革
   主権国家体制の成立
   重商主義と啓蒙専制主義
   ヨーロッパ諸国の海外進出
   17~18世紀のヨーロッパ文化
 ヨーロッパ・アメリカの変革と国民形成
   イギリス革命
   産業革命
   アメリカ独立革命
   フランス革命
   ウィーン体制
   ヨーロッパの再編(クリミア戦争以後の対立と再編)
   アメリカ合衆国の発展
   19世紀欧米の文化
 世界市場の形成とアジア諸国
   ヨーロッパ諸国の植民地化の動き
   オスマン帝国
   清朝
   ムガル帝国
   東南アジアの植民地化
   東アジアの対応
 帝国主義と世界の変容
   帝国主義と列強の展開
   世界分割と列強対立
   アジア諸国の改革と民族運動(辛亥革命、インド、東南アジア、西アジアにおける民族運動)
 二つの大戦と世界
   第一次世界大戦とロシア革命
   ヴェルサイユ体制下の欧米諸国
   アジア・アフリカ民族主義の進展
   世界恐慌とファシズム諸国の侵略
   第二次世界大戦
 米ソ冷戦と第三勢力
   東西対立の始まりとアジア諸地域の自立
   冷戦構造と日本・ヨーロッパの復興
   第三世界の自立と危機
   米・ソ両大国の動揺と国際経済の危機
 冷戦の終結と地球社会の到来
   冷戦の解消と世界の多極化
   社会主義世界の解体と変容
   第三世界の多元化と地域紛争
   現代文明
 国際対立と国際協調
   国際対立と国際協調
 科学技術の発達と現代文明
   科学技術の発展と現代文明
 これからの世界と日本
   これからの世界と日本
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。