新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 17~18世紀のヨーロッパ文化
タグ

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
近代哲学の発展 この時代以前、キリスト教中心の社会の中で、信仰と理性は融合すべきものという考え方が主流でした。 しかし、次第にこの2つを分離すべきだという主張がなされるようになり、近代哲学の新し... (全て読む)
18_80
Text_level_2
17世紀から18世紀のヨーロッパ文学は、主にイギリスとフランスで発達しました。 イギリスの文学 17世紀から18世紀のイギリス文学は主にミルトン、バンヤン、スウィフトといった作家が活躍します。 ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
政治思想の変革期 科学革命や、近代哲学の成立など、17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパ文化は、さまざまな分野で新たな展開を迎えます。政治思想も同じように、劇的な変化を遂げます。 それまで、ヨ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
科学革命とは 17世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパ文化は多様化し、発展していきます。 この時代、科学の分野でおこった変化を科学革命と言います。 中世以来、スコラ哲学の発展と共に、理性と信仰は... (全て読む)
18_80
Text_level_2
バロック音楽とは バロック芸術は、反宗教改革のカトリックや、絶対王政という時代背景のなかで興ったものですが、音楽でもこの時代に大きな変化が起こります。 バロック音楽は、建築や美術と同じく、荘厳・... (全て読む)
18_80
Text_level_2
社会契約説の登場 グロティウスの著作を通じて、自然法の重要性が認識されるようになると、新たな政治思想として社会契約説が現れます。 社会契約説とは、自然法を基礎として、「社会も国家も人々一人ひとり... (全て読む)
18_80
Text_level_2
重商主義とは この時代、哲学や政治思想とともに、経済思想にも新しい考えが出てきます。 この背景には、16世紀以降、絶対主義諸国がとっていた重商主義という政策がありました。 絶対主義の特徴は、常備... (全て読む)
18_80
Text_level_2
バロック文化の成立 16世紀にヨーロッパで盛んになったルネサンスですが、17世紀にはいると、芸術分野でバロックがとって代わるようになります。 バロックというのは、ポルトガル語の「いびつな真珠」と... (全て読む)
18_80
Text_level_2
<Point> 古典派の音楽は「ウィーンで開花した形式美」の音楽 ①古典派の時期 18世紀後半から19世紀前半を指します。 ②音楽の特徴 音楽の形式は、バロック時代の複雑な音楽形態から、すっきり... (全て読む)
18_80
Text_level_2
<Point> バロック時代は、オペラ(※)と器楽が発達した時期です。 ※オペラとは、劇と音楽が結びついたもので、歌劇曲とも呼ばれます。 ①バロック時代 16世紀末から18世紀半ばまで。 ②音楽... (全て読む)

1

2

3

4

科学革命と近代的世界観、啓蒙思想、宮廷文化、成長する市民と文化等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 世界史
 先史時代
   先史時代
 西アジア・地中海世界の形成
   古代オリエント世界
   ギリシア世界
   ヘレニズム世界
   ローマ帝国
   キリスト教の成立と発展
 アジア・アメリカの古代文明
   イラン文明
   インドの古代文明
   東南アジアの諸文明
   中国の古典文明(殷・周の成立から秦・漢帝国)
   古代の南北アメリカ文明
 東アジア世界の形成と発展
   北方民族の活動と中国の分裂(魏晋南北朝時代)
   東アジア文化圏の形成(隋・唐帝国と諸地域)
   東アジア諸地域の自立化(東アジア、契丹・女真、宋の興亡)
 内陸アジア世界の形成
   遊牧民とオアシス民の活動
   トルコ化とイスラーム化の進展
   モンゴル民族の発展
 イスラーム世界の形成と拡大
   イスラーム帝国の成立
   イスラーム世界の発展
   インド・東南アジア・アフリカのイスラーム化
   イスラーム文明の発展
 ヨーロッパ世界の形成と変動
   西ヨーロッパ世界の成立
   東ヨーロッパ世界の成立
   西ヨーロッパ中世世界の変容
   西ヨーロッパの中世文化
 諸地域世界の交流
   陸と海のネットワーク
   海の道の発展
 アジア諸地域世界の繁栄と成熟
   東アジア・東南アジア世界の動向(明朝と諸地域)
   清代の中国と隣接諸地域(清朝と諸地域)
   トルコ・イラン世界の展開
   ムガル帝国の興隆と衰退
 ヨーロッパの拡大と大西洋世界
   大航海時代
   ルネサンス
   宗教改革
   主権国家体制の成立
   重商主義と啓蒙専制主義
   ヨーロッパ諸国の海外進出
   17~18世紀のヨーロッパ文化
 ヨーロッパ・アメリカの変革と国民形成
   イギリス革命
   産業革命
   アメリカ独立革命
   フランス革命
   ウィーン体制
   ヨーロッパの再編(クリミア戦争以後の対立と再編)
   アメリカ合衆国の発展
   19世紀欧米の文化
 世界市場の形成とアジア諸国
   ヨーロッパ諸国の植民地化の動き
   オスマン帝国
   清朝
   ムガル帝国
   東南アジアの植民地化
   東アジアの対応
 帝国主義と世界の変容
   帝国主義と列強の展開
   世界分割と列強対立
   アジア諸国の改革と民族運動(辛亥革命、インド、東南アジア、西アジアにおける民族運動)
 二つの大戦と世界
   第一次世界大戦とロシア革命
   ヴェルサイユ体制下の欧米諸国
   アジア・アフリカ民族主義の進展
   世界恐慌とファシズム諸国の侵略
   第二次世界大戦
 米ソ冷戦と第三勢力
   東西対立の始まりとアジア諸地域の自立
   冷戦構造と日本・ヨーロッパの復興
   第三世界の自立と危機
   米・ソ両大国の動揺と国際経済の危機
 冷戦の終結と地球社会の到来
   冷戦の解消と世界の多極化
   社会主義世界の解体と変容
   第三世界の多元化と地域紛争
   現代文明
 国際対立と国際協調
   国際対立と国際協調
 科学技術の発達と現代文明
   科学技術の発展と現代文明
 これからの世界と日本
   これからの世界と日本
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。