新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 西ヨーロッパ中世世界の変容
タグ

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
はじめに 聖戦を行ったとされる十字軍は、どのような背景から生まれてきたのでしょう。このテキストでは、当時のヨーロッパ社会の様子を中心に、十字軍遠征の理由を見ていきましょう。 十字軍がおこった背景... (全て読む)
18_80
Text_level_1
はじめに (シャルル7世の戴冠とジャンヌ=ダルク) 百年もの間、イギリスとフランスが戦った戦争がありました。クレシーの激戦や英雄ジャンヌの活躍など、後世にもさまざまな物語が伝えられています。 こ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
はじめに 前回は、十字軍の成立の理由と過程を見ていきました。このテキストでは、実際に十字軍がどのような活動を行ったかを説明します。 十字軍の活動 十字軍と一口に言っても、実際は、実に200年もの... (全て読む)
18_80
Text_level_1
百年戦争って? 百年戦争は、フランスとイギリスが百年ものあいだ戦った戦争です。 想像もつかないような長い戦争ですが、なぜこの戦争が起こったんでしょう。 複雑なフランス王室とイギリス王室の関係 こ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
中世ヨーロッパ都市の発展で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 中世ヨーロッパの都市 ・10世紀から11世紀にかけて、中世ヨ... (全て読む)
18_80
Text_level_3
中世ヨーロッパにおける「都市」の成立 中世ヨーロッパは、領主と領民の封建的関係が強い社会でした。 封建社会の中で、農業生産の発達とともに、それまで物々交換だった自給自足的生活に、余剰農産物が出て... (全て読む)
18_80
Text_level_2
金印勅書とは 金印勅書は黄金文書ともいわれ、中世ヨーロッパの神聖ローマ帝国の皇帝選出権を、7人の有力な諸侯である選帝侯がそれぞれ持つということを取り決めた文章のことです。 この勅書は1356年... (全て読む)
18_80
Text_level_2
教皇権の衰退と封建社会の崩壊で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 ローマ教会の腐敗と異端キリスト教 ・中世後期になると、ロ... (全て読む)
18_80
Text_level_1
フィリップ6世(在位1328~1350) ・シャルル4世の死去によりカペー朝が途絶えたあと、即位しヴァロワ朝の始祖になった王です。 ・カペー家の支流だったヴァロワ朝の成立の際、同じくカペー家の... (全て読む)
18_80
Text_level_2
十字軍と宗教騎士団で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 11・12世紀のヨーロッパ ・11~12世紀のヨーロッパでは、封建... (全て読む)

1

2

3

4

十字軍とその影響、商業の発展、中世都市の成立、都市の自治と市民たち、封建社会の衰退、教皇権の衰退、イギリスとフランス、百年戦争とバラ戦争、スペインとポルトガル、ドイツ・スイス・イタリアと北欧等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 世界史
 先史時代
   先史時代
 西アジア・地中海世界の形成
   古代オリエント世界
   ギリシア世界
   ヘレニズム世界
   ローマ帝国
   キリスト教の成立と発展
 アジア・アメリカの古代文明
   イラン文明
   インドの古代文明
   東南アジアの諸文明
   中国の古典文明(殷・周の成立から秦・漢帝国)
   古代の南北アメリカ文明
 東アジア世界の形成と発展
   北方民族の活動と中国の分裂(魏晋南北朝時代)
   東アジア文化圏の形成(隋・唐帝国と諸地域)
   東アジア諸地域の自立化(東アジア、契丹・女真、宋の興亡)
 内陸アジア世界の形成
   遊牧民とオアシス民の活動
   トルコ化とイスラーム化の進展
   モンゴル民族の発展
 イスラーム世界の形成と拡大
   イスラーム帝国の成立
   イスラーム世界の発展
   インド・東南アジア・アフリカのイスラーム化
   イスラーム文明の発展
 ヨーロッパ世界の形成と変動
   西ヨーロッパ世界の成立
   東ヨーロッパ世界の成立
   西ヨーロッパ中世世界の変容
   西ヨーロッパの中世文化
 諸地域世界の交流
   陸と海のネットワーク
   海の道の発展
 アジア諸地域世界の繁栄と成熟
   東アジア・東南アジア世界の動向(明朝と諸地域)
   清代の中国と隣接諸地域(清朝と諸地域)
   トルコ・イラン世界の展開
   ムガル帝国の興隆と衰退
 ヨーロッパの拡大と大西洋世界
   大航海時代
   ルネサンス
   宗教改革
   主権国家体制の成立
   重商主義と啓蒙専制主義
   ヨーロッパ諸国の海外進出
   17~18世紀のヨーロッパ文化
 ヨーロッパ・アメリカの変革と国民形成
   イギリス革命
   産業革命
   アメリカ独立革命
   フランス革命
   ウィーン体制
   ヨーロッパの再編(クリミア戦争以後の対立と再編)
   アメリカ合衆国の発展
   19世紀欧米の文化
 世界市場の形成とアジア諸国
   ヨーロッパ諸国の植民地化の動き
   オスマン帝国
   清朝
   ムガル帝国
   東南アジアの植民地化
   東アジアの対応
 帝国主義と世界の変容
   帝国主義と列強の展開
   世界分割と列強対立
   アジア諸国の改革と民族運動(辛亥革命、インド、東南アジア、西アジアにおける民族運動)
 二つの大戦と世界
   第一次世界大戦とロシア革命
   ヴェルサイユ体制下の欧米諸国
   アジア・アフリカ民族主義の進展
   世界恐慌とファシズム諸国の侵略
   第二次世界大戦
 米ソ冷戦と第三勢力
   東西対立の始まりとアジア諸地域の自立
   冷戦構造と日本・ヨーロッパの復興
   第三世界の自立と危機
   米・ソ両大国の動揺と国際経済の危機
 冷戦の終結と地球社会の到来
   冷戦の解消と世界の多極化
   社会主義世界の解体と変容
   第三世界の多元化と地域紛争
   現代文明
 国際対立と国際協調
   国際対立と国際協調
 科学技術の発達と現代文明
   科学技術の発展と現代文明
 これからの世界と日本
   これからの世界と日本
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。