新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ ギリシア世界
タグ

1

2

3

4

18_80
Text_level_2
アテネの隆盛 ペルシア戦争後、アテネはギリシアでも最も優れた民主制度を作り上げ、デロス同盟の盟主として、ギリシア内での支配力を強めていきました。 一方、ギリシアには、スパルタを中心とし、コリント... (全て読む)
18_80
Text_level_2
巨大帝国との対立 ギリシア世界は発展と共に、東のオリエント諸国と交易を始め、さまざまな交流が行われるようになります。 しかし、この時オリエントでは、アケメネス朝ペルシアという巨大帝国が存在し、徐... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ギリシア人とは 高度な文明を築き上げたギリシア人の遺産は、世界の歴史に多大な影響を与えました。 ギリシアは、現在のバルカン半島南部に位置した地域で、雨が少ない気候風土だったので、オリーブやぶどう... (全て読む)
18_80
Text_level_2
アテネのおこりと貴族政治 アテネとは、ギリシアのポリスの典型といえる都市国家です。イオニア人が、ギリシア本土のアッティカ地方に集住(シノイキスモス)し、成立しました。 アテネの名前の由来は、アク... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ペルシア戦争と民主制の関係 ペルシア戦争は、ギリシア世界に大きな衝撃を与えましたが、この戦争をうけて、ポリス社会も大きく変化します。 ペルシア戦争以後、アテネでは民主制が発展していきます。民主制... (全て読む)
18_80
Text_level_2
スパルタの成立 紀元前1000年頃、ギリシア人一派のドーリア人という人々が、ペロポネソス半島に移動します。この時、ペロポネソス半島南部のラコニア平原には、先住民が暮らしていましたが、ドーリア人は... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ポリスの発展 ポリスはそれぞれが地域の特色を強めながら発展していきました。 時を経るごとに、ポリス同士の交易は盛んになって行きます。交易品は食料の他にも、陶芸品なども含まれ、それら商品を生産する... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ソロンの改革 紀元前6世紀ころになると、経済活動の発達と共に、その時流に乗れなかった平民が借財によって身体を抵当に入れて、隷属的労働をせざるを得ない状況に陥るようになりました。ようするに、平民で... (全て読む)
18_80
Text_level_2
弁論術とは 紀元前5世紀ころのアテネでは、民主制度が完成に近づきました。この時に重要性を増したのが、弁論術です。 弁論術とは、議会や法廷の場で、市民たちに自分の意見を演説するときに用いる技術のこ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
エーゲ文明とギリシアで押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 エーゲ文明とは ・エーゲ文明は、地中海の一部で、バルカン半島とア... (全て読む)

1

2

3

4

地中海世界の風土と人々、エーゲ文明、ポリスの成立と発展、市民と奴隷、アテネとスパルタ、民主政への歩み、ペルシア戦争とアテネ民主政、ポリスの変容、ギリシアの生活と文化等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 世界史
 先史時代
   先史時代
 西アジア・地中海世界の形成
   古代オリエント世界
   ギリシア世界
   ヘレニズム世界
   ローマ帝国
   キリスト教の成立と発展
 アジア・アメリカの古代文明
   イラン文明
   インドの古代文明
   東南アジアの諸文明
   中国の古典文明(殷・周の成立から秦・漢帝国)
   古代の南北アメリカ文明
 東アジア世界の形成と発展
   北方民族の活動と中国の分裂(魏晋南北朝時代)
   東アジア文化圏の形成(隋・唐帝国と諸地域)
   東アジア諸地域の自立化(東アジア、契丹・女真、宋の興亡)
 内陸アジア世界の形成
   遊牧民とオアシス民の活動
   トルコ化とイスラーム化の進展
   モンゴル民族の発展
 イスラーム世界の形成と拡大
   イスラーム帝国の成立
   イスラーム世界の発展
   インド・東南アジア・アフリカのイスラーム化
   イスラーム文明の発展
 ヨーロッパ世界の形成と変動
   西ヨーロッパ世界の成立
   東ヨーロッパ世界の成立
   西ヨーロッパ中世世界の変容
   西ヨーロッパの中世文化
 諸地域世界の交流
   陸と海のネットワーク
   海の道の発展
 アジア諸地域世界の繁栄と成熟
   東アジア・東南アジア世界の動向(明朝と諸地域)
   清代の中国と隣接諸地域(清朝と諸地域)
   トルコ・イラン世界の展開
   ムガル帝国の興隆と衰退
 ヨーロッパの拡大と大西洋世界
   大航海時代
   ルネサンス
   宗教改革
   主権国家体制の成立
   重商主義と啓蒙専制主義
   ヨーロッパ諸国の海外進出
   17~18世紀のヨーロッパ文化
 ヨーロッパ・アメリカの変革と国民形成
   イギリス革命
   産業革命
   アメリカ独立革命
   フランス革命
   ウィーン体制
   ヨーロッパの再編(クリミア戦争以後の対立と再編)
   アメリカ合衆国の発展
   19世紀欧米の文化
 世界市場の形成とアジア諸国
   ヨーロッパ諸国の植民地化の動き
   オスマン帝国
   清朝
   ムガル帝国
   東南アジアの植民地化
   東アジアの対応
 帝国主義と世界の変容
   帝国主義と列強の展開
   世界分割と列強対立
   アジア諸国の改革と民族運動(辛亥革命、インド、東南アジア、西アジアにおける民族運動)
 二つの大戦と世界
   第一次世界大戦とロシア革命
   ヴェルサイユ体制下の欧米諸国
   アジア・アフリカ民族主義の進展
   世界恐慌とファシズム諸国の侵略
   第二次世界大戦
 米ソ冷戦と第三勢力
   東西対立の始まりとアジア諸地域の自立
   冷戦構造と日本・ヨーロッパの復興
   第三世界の自立と危機
   米・ソ両大国の動揺と国際経済の危機
 冷戦の終結と地球社会の到来
   冷戦の解消と世界の多極化
   社会主義世界の解体と変容
   第三世界の多元化と地域紛争
   現代文明
 国際対立と国際協調
   国際対立と国際協調
 科学技術の発達と現代文明
   科学技術の発展と現代文明
 これからの世界と日本
   これからの世界と日本
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。