新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 飛鳥時代・奈良時代
タグ

1

2

3

4

17_80
Text_level_1
はじめに 645年の起こった大化の改新ですが、よく、蘇我氏を滅ぼした事件を大化の改新として捉えている方がいらっしゃいます。 しかし本当の大化の改新とは、蘇我氏を滅ぼしたあとに行った政策を含めた一... (全て読む)
17_80
Text_level_1
「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」 に示されるように隋(中国)は、それまで朝貢関係にあった倭国(日本)から、今までの冊封をやめて独立した国家として接してくださいと言われました。 皇帝煬... (全て読む)
17_80
Text_level_1
天皇制の確立 日本の歴史をみるうえで、必ずキーパーソンになってくるのが時の天皇の存在です。 現在でこそ、天皇は日本国の象徴であると憲法に定められてはいますが、日本国憲法ができるまでは、天皇が実際... (全て読む)
17_80
Text_level_3
平安京に794年に遷都 「鳴くようぐいす平安京」と覚えている方も多いでしょう。 しかし、この平安京に遷都する前に、784年に長岡京に平城京から遷都をしていたという史実をみなさんはご存知でしょうか... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに なぜ聖徳太子は、遣隋使を介して「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」といった国書を随に送ったのでしょうか。 当時の諸外国の動向からみてみましょう。 随の冊封体制 当時随はアジアの... (全て読む)
17_80
Text_level_1
摂政と関白の違いについて説明したいと思います。 摂政 まず摂政についてです。 摂政は幼い天皇に代わって政務を執り行うとともに、当時において天皇の主要な大権だった官奏を覧ずることと、除目・叙位を行... (全て読む)
17_80
Text_level_1
時代背景 奈良時代になると、人口が増えてきたことによって口分田(大化の改新で農民に貸し出していた土地)が足りなくなってきました。そこで朝廷は、三世一身の法という法律を制定して打開を図ります。 三... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 遣隋使が随に送った国書の中に、「日出る処の天子、書を没する処の天子に致す」といった文言が記載されていました。当時の随の皇帝煬帝は、この国書を見て激怒したと言われていますが、なぜ煬帝は怒... (全て読む)
17_80
Text_level_1
奈良時代の高僧で行基と鑑真という2人がいました。 筆者が高校生だった頃のことを考えてみると、どっちが行基でどっちが鑑真だっけ?ということがよくあったので、この2人を比較して説明してみましょう。 ... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 飛鳥時代のはじめ、蘇我氏と物部氏という2つの家による、政権をめぐる争いがありました。 実はこの争い、日本に仏教の布教を許すか、それとも許さないかの戦いでもありました。最終的に蘇我氏が物... (全て読む)

1

2

3

4

飛鳥時代(聖徳太子、摂政、関白、推古天皇、蘇我氏、仏教、遣隋使、小野妹子、大化の改新、乙巳の変、中大兄皇子、中臣鎌足など)と奈良時代(平城京、長岡京、聖武天皇、律令制、三世一身の法、墾田永年私財法、万葉集、和同開珎など)における特長や文化、人々の暮らし、諸外国との接点等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。