新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ その他
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
かたはらいたきもの かたはらいたきもの。 よくも音弾きとどめぬ琴を、よくも調べで、心の限り弾きたてたる。 客人(まろううと)などにあひてものいふに、奥のかたにうちとけ事などいふを、えは制せで聞く... (全て読む)
9_80
Text_level_1
村上の先帝の御時に 村上の先帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛らせ給ひて、梅の花をさして、月のいとあかきに、 「これに歌よめ。いかがいふべき」 と、兵衛の蔵人に給はせたりければ、 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記 物語 その春、世の中いみじうさわがしうて、松里のわたりの月かげあはれに見し乳母(めのと)も、三月ついたちになくなりぬ。せむかたなく思ひなげくに、物語のゆかしさもおぼえずなりぬ。いみじく... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大進生昌が家に 大進生昌が家に、宮の出でさせ給ふに、東の門は四足になして、それより御輿は入らせ給ふ。北の門より、女房の車どもも、まだ陣のゐねば、入りなむと思ひて、頭つきわろき人も、いたうも繕はず... (全て読む)
9_80
Text_level_1
上にさぶらう御猫は 上にさぶらふ御猫は、かうぶり給はりて「命婦のおとど」とて、いみじうをかしければ、かしづかせ給ふが、端に出でて臥したるに、乳母の馬の命婦、「あな、まさなや。入り給へ」と呼ぶに、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すさまじきもの すさまじきもの。ひるほゆる犬。春の網代(あじろ)。三、四月の紅梅の衣(きぬ)。牛しにたる牛飼ひ。ちご亡くなりたる産屋(うぶや)。火おこさぬ炭櫃(すびつ)、地火炉(ぢくわろ)。博士... (全て読む)
9_80
Text_level_1
鳥は 鳥は、こと所のものなれど、鸚鵡(あふむ)いとあはれなり。人の言ふらむことをまねぶらむよ。時鳥(ほととぎす)。くひな。鴫(しぎ)。宮古鳥。ひは。火たき。  山鳥。友を恋ひてなくに、鏡を見すれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
関白殿、黒戸より 関白殿、黒戸より出でさせ給ふとて、女房のひまなくさぶらふを、 「あないみじのおもとたちや。翁をいかに笑ひ給ふらむ」 とて、わけ出でさせ給へば、戸口ちかき人々、いろいろの袖口して... (全て読む)
9_80
Text_level_1
殿などのおはしまさでのち 殿などのおはしまさでのち、世の中に事出でき、さわがしうなりて、宮も参らせ給はず、小二条殿といふ所におはしますに、なにともなく、うたてありしかば、ひさしう里にゐたり。御前... (全て読む)
9_80
Text_level_1
宮にはじめてまいりたるころ 宮にはじめてまいりたるころ、もののはづかしきことのかずしらず、涙も落ちぬべければ、夜々まゐりて、三尺の御几帳のうしろにさぶらふに、絵などとりいでて見せさせ給ふを、手に... (全て読む)

1

2

3

4

古文のどのカテゴリにも属さないテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。