新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 古文常識・文学史
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 古典の中に「右大臣」や「大納言」といった役職がでてきます。 ちょくちょく目にはしますが、一体どの役職がどれくらいの地位にあるのかという疑問にお答えしたいと思います。(政治の役職について... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに  現代であれば電話やメールといったように、相手に気持ちを伝えるツールは様々です。 それでは、そのようなツールがなかった平安時代には、どのようにして出会い、相手に気持ちを伝えていたのでし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
成人式  元服といった言葉にみられるように、当時の貴族の子供たちは「大人になる儀式」を通して一人前の大人と認められました。ここではその風習について述べたいと思います。 男子成人式 まず男子ですが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
葬式のしきたり どの時代であっても「死別」は悲しいものです。 当時の葬式のしきたりや、式の後どのような慣例があったかについて述べたいと思います。 死 まず「死」のことを、避けられない別れというこ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 現在でも、長男や次男、長女や次女といった具合に子供たちを表す言葉があります。しかしこれは平安時代のそれとは少し違ったものです。 男兄弟 まず男兄弟に対して、現在は長男、次男、三男という... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平安時代の貴族の女性のたしなみ  平安時代の貴族の女性には、たしなみとして次の3つのことに精通していることが大切とされていました。 手習い 1つめが「手習い」。 これは現代語訳をすると文字の綺麗... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古典を読んでいると、昔の県の名前がよく出てきます。例えば奈良であれば大和、島根であれば出雲国なんて書かれています。これがどうもぱっとわかりにく。そんなわけで、ここでは昔の国の名前を一覧にしてまと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 古文では、現代語とは違う読み方をする文字がでてきます。パターンさへ覚えてしまえば違和感なく読めるようになりますので、1つずつ紹介していきましょう。 ゐ・ゑ・を 「ゐ」はひらがなの「い」... (全て読む)

1

2

3

4

昔のしきたりや恋愛模様、宮廷での仕事や服装、活躍していた歌人など、古典文学を読む上で知っておいた方が良い知識等に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。