新規登録 ログイン
検索条件
タグ 徒然草

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
かたらふ/語らふ ハ行四段活用 |未然形|かたらは| |連用形|かたらひ| |終止形|かたらふ| |連体形|かたらふ| |已然形|かたらへ| |命令形|かたらへ| 意味1:他動詞 親しく語り合う... (全て読む)
9_80
Text_level_1
にほひ/匂ひ 名詞 意味1 色つや、色つやのある美しさ、美しく映える色。 [出典]: 木の花は 枕草子 「唐土には限りなきものにて、文にも作る、なほさりともやうあらむと、せめて見れば、花びらの端... (全て読む)
9_80
Text_level_1
したがふ/従ふ/随ふ ハ行四段活用 |未然形|したがは| |連用形|したがひ| |終止形|したがふ| |連体形|したがふ| |已然形|したがへ| |命令形|したがへ| 意味1:自動詞 服従する、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ここに/此に/茲に/爰に 「ここに」には、 ①副詞 ②接続詞 としての用法がある。 ①副詞 意味 このときに、この時点に。 [出典]:高倉院の法華堂の 徒然草 「命を終ふる大事、今ここに来たれり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まして/況して 副詞 意味1 いっそう、なおさら、もっと。 [出典]: 万葉集 「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ」 [訳]:瓜を食べれば(残してきた)子どものことが自然に思われる。粟を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
むせぶ/噎ぶ/咽ぶ バ行四段活用 |未然形|むせば| |連用形|むせび| |終止形|むせぶ| |連体形|むせぶ| |已然形|むせべ| |命令形|むせべ| 意味1:自動詞 むせる、咳き込む。 [出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひたすら/只管/一向 副詞 意味1 いちずに、もっぱら、ただただ。 [出典]: あだし野の露消ゆるときなく 徒然草 「夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし、ひたすら世をむさ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あらます ※名詞「 あらまし」が動詞化したもの。 サ行四段活用 |未然形|あらまさ| |連用形|あらまし| |終止形|あらます| |連体形|あらます| |已然形|あらませ| |命令形|あらませ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さかゆく/栄行く カ行四段活用 |未然形|さかゆか| |連用形|さかゆき| |終止形|さかゆく| |連体形|さかゆく| |已然形|さかゆけ| |命令形|さかゆけ| 意味:自動詞 繁栄していく、栄... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とかや 連語 格助詞「と」、係助詞「か」そして間投助詞「や」が一語になったもの。下記の「意味2」では、全体を終助詞ととらえることもできる。 意味1 〜とかいう、〜とかいう人、〜とかいう物。 [出... (全て読む)

1

2

3

4