新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
なにとなし/何と無し 連語 代名詞「なに」と格助詞「と」、そして形容詞「なし」が一語になったもの。 意味1 たいしたことはない、どうということもない。 [出典]: 忠度の都落ち 平家物語 「こと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たからかなり/高らかなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|たからかなら|◯| |連用形|たからかなり|たからかに| |終止形|たからかなり|◯| |連体形|たからかなる|◯| |已然形|たからかな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
べちなり/別なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|べちなら|◯| |連用形|べちなり|べちに| |終止形|べちなり|◯| |連体形|べちなる|◯| |已然形|べちなれ|◯| |命令形|べちなれ|◯... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しさい/子細/仔細 名詞 意味1 わけ、事情。 [出典]: 忠度の都落ち 平家物語 「別の子細候はず。」 [訳]:特別な事情はございません。 意味2 異論、異議、文句、差し支え。 [出典]:那須... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くだる/下る/降る ラ行四段活用 |未然形|くだら| |連用形|くだり| |終止形|くだる| |連体形|くだる| |已然形|くだれ| |命令形|くだれ| 意味1:自動詞 (高いところから低いとこ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、『今日は、なほ参れ』〜」から始まる部分の品詞分解をしています。『宮に初めて参りたるころ』の冒頭部分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よさる/夜さり 名詞 意味 夜になる時分、今夜、夜分。 [出典]: 宮に初めて参りたるころ 枕草子 「下りまほしうなりにたらむ。さらば、はや。夜さりは、とく。」 [訳]:(初めての宮仕えで)退出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はなつ/放つ タ行四段活用 |未然形|はなた| |連用形|はなち| |終止形|はなつ| |連体形|はなつ| |已然形|はなて| |命令形|はなて| 意味1:他動詞 手放す、人手に渡す、身から離す... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いひはなつ/言ひ放つ タ行四段活用 |未然形|いひはなた| |連用形|いひはなち| |終止形|いひはなつ| |連体形|いひはなつ| |已然形|いひはなて| |命令形|いひはなて| 意味:他動詞 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かづらきのかみ/葛城の神 名詞 意味 大和国(いまの奈良県)の葛城山に住む「一言主神」の別名。 ※葛城の神は、自分の醜い容姿を恥じて夜しか働かなかったという伝説があり、そのことから、恋や物事が成... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他