新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はふはふ/這ふ這ふ 副詞 意味1 はうようにして、やっとのことで。 [出典]: 猫また 徒然草 「希有にして助かりたるさまにて、はふはふ家に入りにけり。」 [訳]:(僧は、)やっとのことで助かっ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
けうにして/稀有にして/希有にして ※形容動詞「けうなり」の連用形「けうに」と接続助詞「して」が一語になったもの。 連語 意味 やっとのことで、かろうじて。 [出典]: 猫また 徒然草 「希有に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ともす/点す/灯す サ行四段活用 |未然形|ともさ| |連用形|ともし| |終止形|ともす| |連体形|ともす| |已然形|ともせ| |命令形|ともせ| 意味:他動詞 火をつける、明かりをつける... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よや ※間投助詞「よ」と間投助詞「や」が一語になったもの。 感動詞 意味 (人に呼びかけて) おおい、〜よ。 [出典]: 猫また 徒然草 「肝心も失せて、防かんとするに力もなく、足も立たず、小川... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ころびいる/転び入る ラ行四段活用 |未然形|ころびいら| |連用形|ころびいり| |終止形|ころびいる| |連体形|ころびいる| |已然形|ころびいれ| |命令形|ころびいれ| 意味:自動詞 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きもこころ/きもごころ/肝心 名詞 意味 正気、精神。 [出典]: 猫また 徒然草 「小川の端にて、音に聞きし猫また、あやまたず、足許へふと寄り来て、やがてかきつくままに、頸のほどを食はんとす。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふせく/防く ※中世以降は「ふせぐ」と読む。 カ行四段活用 |未然形|ふせか| |連用形|ふせき| |終止形|ふせく| |連体形|ふせく| |已然形|ふせけ| |命令形|ふせけ| 意味1:他動詞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かきつく/掻き付く 「かきつく」には ①掻き付く ② 書き付く などの用法があるが、ここでは「①掻き付く」を扱う。 カ行四段活用 |未然形|かきつか| |連用形|かきつき| |終止形|かきつく|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
やがて/軈て/頓て 副詞 意味1 そのまま、引き続き。 [出典]: 世に従はん人は 徒然草 「春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋は通ひ...」 [訳]:春はそのまま夏の気配を誘い、夏の間か... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あやまたず/過たず 連語 タ行四段活用「あやまつ」の未然形「あやまた」と、打消の助動詞「ず」があわさったもの。 意味 まちがいなく、ねらいどおりに。 [出典]: 猫また 徒然草 「ある所にて夜更... (全て読む)

1

2

3

4