新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
まちいづ/待ち出づ ダ行下二段活用 |未然形|まちいで| |連用形|まちいで| |終止形|まちいづ| |連体形|まちいづる| |已然形|まちいづれ| |命令形|まちいでよ| 意味:他動詞 出てく... (全て読む)
9_80
Text_level_1
もちづき/望月 名詞 意味 満月、十五夜の月。 [出典]: かぐや姫の昇天 竹取物語 「かかるほどに、宵うち過ぎて、子の時ばかりに、家のあたり、昼の明かさにも過ぎて光りたり。望月の明かさを十合わ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しのぶ/忍ぶ 「しのぶ」には ①忍ぶ ②偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ などの用法があるが、ここでは②「偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ」について解説をする。 さらに「偲ぶ/慕ぶ/賞ぶ」には ①バ行四段活用 ②バ行上二段活用... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いろこのむ/色好む 連語 名詞「色」とマ行四段活用の動詞「好む」がくっついた連語。 意味 恋愛の情趣を理解している。 [出典]: 花は盛りに 徒然草 「逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あさぢがやど/浅茅が宿 名詞 意味 庭にチガヤなどが生い茂った荒れ果てた家。 [出典]: 花は盛りに 徒然草 「逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲居を思... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おもひやる/思ひ遣る ラ行四段活用 |未然形|おもひやら| |連用形|おもひやり| |終止形|おもひやる| |連体形|おもひやる| |已然形|おもひやれ| |命令形|おもひやれ| 意味1:他動詞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くもゐ/雲居/雲井 名詞 意味1 空、雲のある所。 [出典]:鳥は 枕草子 「鶴は、いとこちたきさまなれど、鳴く声雲居まで聞ゆる、いとめでたし。」 [訳]:鶴は、大変大げさな様子ではあるが、鳴く... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かこつ/託つ タ行四段活用 |未然形|かこた| |連用形|かこち| |終止形|かこつ| |連体形|かこつ| |已然形|かこて| |命令形|かこて| 意味1:他動詞 口実にする、他人や他のもののせ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あだなり/徒なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|あだなら|◯| |連用形|あだなり|あだに| |終止形|あだなり|◯| |連体形|あだなる|◯| |已然形|あだなれ|◯| |命令形|あだなれ|◯... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あひみる マ行上一段活用 |未然形|あひみ| |連用形|あひみ| |終止形|あひみる| |連体形|あひみる| |已然形|あひみれ| |命令形|あひみよ| 意味1:自動詞 顔を合わせる、対面する、... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他