新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
いとほしさ 名詞 意味 気の毒さ、かわいそうに思われること、かわいらしく思われること。 [出典]: 蓬莱の玉の枝 竹取物語 「親ののたまふことを、ひたぶるにいなび申さむことのいとほしさに、取りが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ねたし/妬し 形容詞・ク活用 |未然形|ねたく|ねたから| |連用形|ねたく|ねたかり| |終止形|ねたし|◯| |連体形|ねたき|ねたかる| |已然形|ねたけれ|◯| |命令形|◯|ねたかれ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひたぶるなり/一向なり/頓なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|ひたぶるなら|◯| |連用形|ひたぶるなり|ひたぶるに| |終止形|ひたぶるなり|◯| |連体形|ひたぶるなる|◯| |已然形|ひた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いなぶ/否ぶ/辞ぶ 「いなぶ/否ぶ/辞ぶ」には ①バ行上二段活用 ②バ行四段活用 の用法があるが、基本的に意味は同じである。 ①バ行上二段活用 |未然形|いなび| |連用形|いなび| |終止形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことわり/理/断り 名詞 意味1 物事の道理、物事の道筋。 [出典]: 蓬莱の玉の枝 竹取物語 「翁、ことわりに思ふ。」 [訳]:(竹取の)翁は、(車持皇子の言うことが)道理だと思う。 意味2 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たをる/手折る ラ行四段活用 |未然形|たをら| |連用形|たをり| |終止形|たをる| |連体形|たをる| |已然形|たをれ| |命令形|たをれ| 意味1:自動詞 手で折る。 [出典]: 蓬莱... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かかるほどに/斯かるほどに ラ行変格活用「かかり」の連体形「かかる」と名詞「ほど」、そして格助詞「に」が一語になったもの。 連語 意味 こうしているうちに。 [出典]: かぐや姫の昇天 竹取物語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
もていづ/持て出づ ダ行下二段活用 |未然形|もていで| |連用形|もていで| |終止形|もていづ| |連体形|もていづる| |已然形|もていづれ| |命令形|もていでよ| 意味1:他動詞 持っ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たばかる/謀る ラ行四段活用 |未然形|たばから| |連用形|たばかり| |終止形|たばかる| |連体形|たばかる| |已然形|たばかれ| |命令形|たばかれ| 意味1:他動詞 計画する、工夫す... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しこむ/為籠む マ行下二段活用 |未然形|しこめ| |連用形|しこめ| |終止形|しこむ| |連体形|しこむる| |已然形|しこむれ| |命令形|しこめよ| 意味:他動詞 (垣などを)めぐらす。... (全て読む)

1

2

3

4