新規登録 ログイン
検索条件
科目 日本史
タグ

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
明治憲法の制定 1883年(明治16年)にヨーロッパから帰国した伊藤博文は、1886年(明治19年)から、ドイツ人顧問ロエスレルとモッセの助言を受けながら、井上毅・伊東巳代治・金子堅太郎とともに... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国家体制の整備 自由民権運動を厳しく取り締まる一方、明治政府は主導権を握りながら立憲政治の成立を目指しました。1882年から83年(明治15~16年)にかけて憲法研究のためにヨーロッパに渡った伊... (全て読む)
17_80
Text_level_2
立憲政治 江戸幕府の文久年間に、蕃書調所所属の洋学者加藤弘之は、『隣草』を著し、欧米諸国の立憲政治を日本に紹介しました。また、彼は明治新政府に仕えたのちも、『立憲政体略』『真政大意』『国体新論』... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治政府の外交 明治成立当初からの外交課題として、欧米諸国との不平等条約改正と清国・朝鮮の国交再開がありました。1871年(明治4年)、明治政府は条約改正の予備交渉と欧米の視察を目的とした岩倉使... (全て読む)
17_80
Text_level_2
文明開化 明治維新は、王政復古の大号令ではじまったように、はじめは復古的特徴が強いものでしたが、明治政府は「百事一新」「旧制打破」のスローガンのもと、欧米社会からさまざまな制度・知識・文化などを... (全て読む)
17_80
Text_level_2
身分制度改革 中央集権化を進める中、明治政府は身分制度改革にも着手しました。版籍奉還により藩主と藩士の主従関係が解消されたため、封建的身分制度を改め、大名・上層公家を華族、一般武士を士族、農工商... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治維新 大政奉還後、新政府側は徳川慶喜を政権に加えず、辞官納地を求めました。この新政府による徳川氏への対応に、旧幕臣や会津・桑名藩士たちは憤激しました。一度大坂に引き上げた徳川慶喜は、1868... (全て読む)
17_80
Text_level_2
討幕運動 第1次長州征討により幕府・列強に屈服した長州藩は、幕府に恭順的な藩政になっていきました。攘夷が不可能だと悟った高杉晋作・桂小五郎(木戸孝允,1833~77)は、藩の上層部に反発し、高杉... (全て読む)
17_80
Text_level_2
政局の転換と幕府の衰退 ハリスとの通商条約締結交渉が進んでいたころ、幕府では13代将軍徳川家定(1824~58)に子がいなかったため、後継ぎを巡って将軍継嗣問題が争点となっていました。譜代大名ら... (全て読む)
17_80
Text_level_2
ペリー来航 17世紀、清教徒革命と名誉革命という市民革命を経たイギリスでは、18世紀後半から木綿紡績業から産業革命がはじまり、その後さまざまな分野で技術革新が起こりました。特に、蒸気機関を動力と... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他