新規登録 ログイン
検索条件
科目 日本史
タグ

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
国家主義改革運動の高まり 1930年代に入ると、ロンドン軍縮問題、満蒙問題、農村の疲弊など、さまざまな国内問題に対し軍部の青年将校や民間の国家主義団体による急進的な国家改造運動が活発になっていき... (全て読む)
17_80
Text_level_2
軍部の台頭と満州事変 1920年代末、中国では国民政府の指導により、全土統一を果たそうとする動きが活発になっていきました。満州でも、爆殺事件により殺害された軍閥張作霖の息子張学良が、1928年に... (全て読む)
17_80
Text_level_2
協調外交の行き詰まり 田中内閣の総辞職後、立憲民政党の浜口雄幸内閣が成立し、再び幣原喜重郎を外相に起用し協調外交方針を打ち出しました。1930年(昭和5年)、イギリスの提唱によりロンドン軍縮会議... (全て読む)
17_80
Text_level_2
戦後恐慌から金融恐慌へ 第一次世界大戦による好景気は、大戦後西欧列強の生産力回復に伴い終わりを告げ、日本の対外輸出は後退し、1919年(大正8年)には貿易収支が輸入超過となりました。1920年(... (全て読む)
17_80
Text_level_2
社会運動の高まり 第一次世界大戦を通じて、世界的に民主主義の気運が高まったため、日本国内でもさまざまな社会運動がおこりました。1918年(大正7年)に吉野作造・福田徳三・大山郁夫らが中心となり黎... (全て読む)
17_80
Text_level_2
都市化の進展 第一次世界大戦後の日本では資本主義が本格的に浸透し、工業化を背景として都市化と大衆化が出現しました。都市への人口集中がはじまり、全国の諸都市では官公庁・公共建築物・会社などを中心に... (全て読む)
17_80
Text_level_2
ヴェルサイユ条約の締結 第一次世界大戦は各国の総力戦となり、動員総兵力6500万人、死者1億8000万人、戦費1860億ドルという当時史上最大の被害をもたらしました。1917年にアメリカが連合国... (全て読む)
17_80
Text_level_2
日本による中国進出 日露戦争の勝利により、ロシアから日本が引き継いだ旅順・大連の租借権や南満州鉄道の権益は1920~30年代に期限切れになりつつありました。そこで日本は、ヨーロッパの勢力争いに列... (全て読む)
17_80
Text_level_2
憲政擁護運動 日露戦争後、東アジアの強国としての地位を確立した日本は、1907年(明治40年)の帝国国防方針で陸軍を17個師団から25個師団に増師し、海軍では戦艦・巡洋艦各8隻を中心とした八・八... (全て読む)
17_80
Text_level_2
学問の発達 19世紀以降のヨーロッパでは、キリスト教の束縛から脱して、大学を中心に学問が急速に発達していきました。ダーウィンの進化論は1870年代後半にアメリカの動物学者で帝国大学理科大学(のち... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他