新規登録 ログイン
検索条件
科目 日本史
タグ

1

2

3

4

17_80
Text_level_2
討幕運動 第1次長州征討により幕府・列強に屈服した長州藩は、幕府に恭順的な藩政になっていきました。攘夷が不可能だと悟った高杉晋作・桂小五郎(木戸孝允,1833~77)は、藩の上層部に反発し、高杉... (全て読む)
17_80
Text_level_2
政局の転換と幕府の衰退 ハリスとの通商条約締結交渉が進んでいたころ、幕府では13代将軍徳川家定(1824~58)に子がいなかったため、後継ぎを巡って将軍継嗣問題が争点となっていました。譜代大名ら... (全て読む)
17_80
Text_level_2
ペリー来航 17世紀、清教徒革命と名誉革命という市民革命を経たイギリスでは、18世紀後半から木綿紡績業から産業革命がはじまり、その後さまざまな分野で技術革新が起こりました。特に、蒸気機関を動力と... (全て読む)
17_80
Text_level_2
化政文化 江戸時代後期、文化・文政期の年号から名付けられた化政文化が花開き、町人文化が最盛期を迎えました。商業活動によって全国にこの文化は広がり、学問や思想の分野では科学的・実証的な研究が発展し... (全て読む)
17_80
Text_level_2
大塩の乱 1832年~32年(天保3~4年)にかけて、収穫量が平年の半分以下という天保の飢饉が起き、農村や都市で百姓一揆・打ちこわしが100件以上起き、特に1836年(天保7年)の飢饉の際に起き... (全て読む)
17_80
Text_level_2
列強の接近 18世紀に入ると、ヨーロッパ諸国の世界進出が加速しました。ヨーロッパでは、17世紀にピューリタン革命(1642~49年)や名誉革命(1688年)により、市民が市民革命を達成し、その影... (全て読む)
17_80
Text_level_2
寛政の改革 田沼意次の失脚後、幕府では田沼派と白河藩主松平定信(1758~1829)を老中にしようとする御三家・御三卿の権力闘争が続きました。1787年(天明7月)、江戸・大坂を含む全国30余り... (全て読む)
17_80
Text_level_2
社会の変容 享保の改革以降、年貢増徴政策により各地の農民の生活は苦しくなっていきました。一部の村役人は、年季奉公人を使って地主手作を始め、商品生産を行いました。こうした人々は豪農となり、一方田畑... (全て読む)
17_80
Text_level_2
徳川吉宗の登場 17世紀に生産活動が活発になり、江戸・大坂・京都の三都と、城下町・港湾都市などの商人は富裕化し、困窮する武士だけでなく大名にも貸付を行う大名貸まで出るようになり、彼らの中には藩財... (全て読む)
17_80
Text_level_2
元禄文化 17世紀末から18世紀はじめの元禄時代には、中国の清王朝成立による海外情勢の安定と、これに伴う徳川幕府の政治・経済的安定により、日本社会は成熟していきました。安定した社会背景により、武... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他