新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花折りてかざせる諸人は今日の間は楽しくあるべし」(八三二)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うべも/宜も 副詞「うべ」と係助詞「も」が一語になったもの。 副詞 意味 (肯定したり賛成したりするときに用いて) 当然、なるほど、ほんとうに。 [出典]: 梅花の宴より 万葉集 「春なればうべ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜眠も寝なくに」(八三一)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「人ごとに折りかざしつつ遊べどもいやめづらし 梅の花かも」(八二八)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きふ/来経 ハ行下二段活用 |未然形|きへ| |連用形|きへ| |終止形|きふ| |連体形|きふる| |已然形|きふれ| |命令形|きへよ| 意味:自動詞 年月が経過する、年月がやって来ては去っ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし」(八三〇)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや」(八二九)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「梅の花咲きたる園の青柳をかづらにしつつ遊び暮らさな」(八二五)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「春されば木末隠れてうぐひすそ鳴きて去ぬなる梅が下枝に」(八二七)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「うちなびく春の柳とわがやどの梅の花とをいかにかわかむ」(八二六)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7