新規登録 ログイン
検索条件
タグ 初冠

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
うひかうぶり/初冠 ※「うひかぶり」とも読む。 名詞 意味 ・元服して初めて冠を着けること ・初めて位に叙せられ任官すること。 [出典]: 初冠 伊勢物語 「昔、男初冠して、平城の京、春日の里に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふるさと/古里/故郷 名詞 意味1 旧都、昔都のあったところ。 [出典]: 初冠 伊勢物語 「思ほえず、ふる里にいとはしたなくてありければ、心地まどひにけり。 」 [訳]:思いもよらず(このよう... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はしたなし/端なし 形容詞・ク活用 |未然形|はしたなく|はしたなから| |連用形|はしたなく|はしたなかり| |終止形|はしたなし|◯| |連体形|はしたなき|はしたなかる| |已然形|はした... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みだれそむ/乱れ初む マ行下二段活用 |未然形|みだれそめ| |連用形|みだれそめ| |終止形|みだれそむ| |連体形|みだれそむる| |已然形|みだれそむれ| |命令形|みだれそめよ| 意味:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はらから/同胞 名詞 意味 (母親が同じ) 兄弟姉妹。 [出典]: 初冠 伊勢物語 「その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。この男かいまみてけり。」 [訳]:その里に、たいそう若々しくて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いちはやし/逸早し 形容詞・ク活用 |未然形|いちはやく|いちはやから| |連用形|いちはやく|いちはやかり| |終止形|いちはやし|◯| |連体形|いちはやき|いちはやかる| |已然形|いちは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。 初冠のあらすじ 初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なまめく/艶めく/生めく カ行四段活用 |未然形|なまめか| |連用形|なまめき| |終止形|なまめく| |連体形|なまめく| |已然形|なまめけ| |命令形|なまめけ| 意味1:自動詞 若々し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おもほえず/思ほえず 連語 ヤ行下二段活用「思ほゆ」の未然形「おもほえ」と打消の助動詞「ず」の連用形「ず」がくっついた形。 意味 思いがけなく、意外にも。 [出典]: 初冠 伊勢物語 「思ほえず... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かいまみる/垣間見る マ行上一段活用 |未然形|かいまみ| |連用形|かいまみ| |終止形|かいまみる| |連体形|かいまみる| |已然形|かいまみれ| |命令形|かいまみよ| 意味1:他動詞 ... (全て読む)

1

2

3

4