新規登録 ログイン
検索条件
タグ 計算問題

1

2

3

4

14_80
Text_level_1
定積分の計算のしかた 関数f(x)の1つの不定積分をF(x)とするとき、2つの実数aとbに対して F(b)-F(a)をf(x)のaからbまでの定積分といい \int_{a}^{b} f \lef... (全て読む)
14_80
Text_level_1
xが0から2まで変化するとき、次の関数の平均変化率を求めてみましょう 1:f(x)=2x+3 x=0のとき、f(0)=3 x=2のとき、f(2)=7 よって平均変化率は、 \frac{7-3}{... (全て読む)
15_80
Text_level_1
期待値とは |X|x_{1}|x_{2}|・・・|x_{n}|計| |P|p_{1}|p_{2}|・・・|p_{n}|1| このような確立分布があったとき x _{1} p _{1} +x _{... (全て読む)
16_80
Text_level_1
合成関数の導関数の公式 y= \left(x ^{2} -2x+4\right) ^{2} このような関数は、 u=x ^{2} -2x+4 とおくと y=u ^{2} u=x ^{2} -2x... (全て読む)
12_80
Text_level_1
絶対値の性質 絶対値の性質より以下のことが言えます。 a>0のとき \left|x \right|=a の解は x=\pm a…① \left|x \right|<a の解は -a<x<a…② ... (全て読む)
15_80
Text_level_1
問題 図のように、直方体ABCD-EFGHがあります。 \vec{AB} = \vec{a}  、 \vec{AD} = \vec{b}  、 \vec{AE} = \vec{c}  とするとき... (全て読む)
16_80
Text_level_1
無限級数の収束と発散 無限級数  \displaystyle \sum_{n=1}^{ \infty } a _{n}  において 無限級数が収束するということは、 \lim_{n \right... (全て読む)
14_80
Text_level_1
極値から関数の方程式求める 3次関数"f(x)=x³−3x²+4"の極値を求めなさい これまで、このような形式の問題が出題されていました。 「 方程式から極値を求める問題」です。 このテキストで... (全て読む)
12_80
Text_level_2
判別式から2次関数の値を求める方法 y=4x ^{2} -3ac+2  がx軸と2つの交点を持つようなときのaの範囲を求めなさい。 このような問題があったとしましょう。 「x軸との交点」と聞いて... (全て読む)
16_80
Text_level_1
逆関数 逆関数とは、y=f(x)という関数があったときに、これをx=g(y)の形に変形して、その上でxとyの値を入れ替えて出来る関数、y=g(x)のことを言います。 では実際に問題を通して、逆関... (全て読む)

1

2

3

4