新規登録 ログイン
検索条件
タグ 十訓抄

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
十訓抄『祭主三位輔親の侍』の現代語訳と解説 七条の南、室町の東一町は、祭主三位輔親(さいしゅさんみすけちか)が家なり。丹後の天の橋立をまねびて、池の中嶋をはるかにさし出して、小松をながく植えなど... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うちまかせて/打ち任せて サ行下二段活用「うちまかす」の連用形「うちまかせ」と接続助詞「て」が一語になったもの。 連語 意味 一般に、ふつう。 [出典]: 大江山の歌 十訓抄 「これはうちまかせ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とる/取る/執る/採る/捕る ラ行四段活用 |未然形|とら| |連用形|とり| |終止形|とる| |連体形|とる| |已然形|とれ| |命令形|とれ| 意味1:他動詞 持つ、つかむ、握る。 [出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
祭主三位輔親の侍 十訓抄『祭主三位輔親の侍』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ 七条の南、室町の東一町は、祭主三位輔親(さいしゅさんみす... (全て読む)
9_80
Text_level_1
十訓抄『大江山の歌』 ここでは、十訓抄の中の『大江山の歌』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
よみかく/詠み掛く/読み掛く カ行下二段活用 |未然形|よみかけ| |連用形|よみかけ| |終止形|よみかく| |連体形|よみかくる| |已然形|よみかくれ| |命令形|よみかけよ| 意味1:他... (全て読む)
9_80
Text_level_1
十訓抄『大江山』 このテキストでは、十訓抄『大江山』でテストに出題されそうな問題をピックアップしています。 書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』と題されているものもあるようです。 古今著... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『博雅の三位と鬼の笛』 ここでは、十訓抄の中の一説『博雅(はくが)の三位(さんみ)と鬼の笛』の現代語訳と解説をしています。 原文 博雅の三位、月の明かかりける夜、直衣にて、朱雀門の前に遊びて、夜... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つかはす/遣はす 「つかはす」には ① 使はす ②遣はす などの用法があるが、ここでは「②遣はす」を扱う。 サ行四段活用 |未然形|つかはさ| |連用形|つかはし| |終止形|つかはす| |連体... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、百人一首に詠まれている「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」の現代語訳・口語訳とその解説、品詞分解を行っています。作者は和泉式部の娘の小式部内侍です。この... (全て読む)

1

2

3

4