新規登録 ログイン
検索条件
タグ 体言止め

1

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「ふるさとは浅茅が末になり果てて月に残れる人の面影」という歌について説明していきます。 原文 ふるさとは浅茅が末になり果てて月に残れる人の面... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「風通ふ寝覚めの袖の花の香にかをる枕の春の夜の夢」という歌について説明していきます。 原文 風通ふ寝覚めの袖の花の香に かをる枕の春の夜の夢... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「駒とめて袖打ち払ふ陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 駒とめて袖打ち払ふ陰もな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは持統天皇が詠んだ歌で、万葉集に入っている「春過ぎて夏来たるらし白たへの衣ほしたり天の香具山」という歌について説明していきます。 原文 春 過ぎて夏来たるらし白たへの衣ほしたり天... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集で詠まれている「心あてに折らばや折らむ初霜の置き惑わせる白菊の花」という歌について説明していきます。 原文 心あてに折らばや折らむ初霜の置き惑わせる白菊の花 現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「うちしめりあやめぞかをるほととぎす鳴くや五月の雨の夕暮れ」という歌について説明していきます。 原文 うちしめりあやめぞかをるほととぎす鳴く... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、新古今和歌集で詠まれている「春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空」という歌について説明していきます。 原文 春の夜の夢の浮橋とだえして峰に別るる横雲の空 現代語訳 春... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「駒とめて袖打ち払ふ陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 駒とめて袖打ち払ふ陰もな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、新古今和歌集で詠まれている「人住まぬ不破の関屋の板廂荒れにしのちはただ秋の風」という歌について説明していきます。 原文 人住まぬ不破の関屋の板廂荒れにし後はただ秋の風 現代語... (全て読む)

1