新規登録 ログイン
検索条件
タグ 係り結び

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
古今著聞集 『刑部卿敦兼と北の方』 ここでは、古今著聞集の中の『刑部卿敦兼と北の方』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『刑部卿敦兼の北の方』や『敦兼の北の方』と題するものも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木の花は』 ここでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文 木の花は、濃きも薄きも紅梅。桜は、花びら 大... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、平家物語の一節「富士川」の「さる程に、十月二十三日にもなりぬ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 読む前に知っておきたいこと 「富士川」で扱っている戦... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『ゆく川の流れ』 このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中の「ゆく河の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 ゆく河... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、新古今和歌集に入っている「橘の匂ふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする」という歌の現代語訳と品詞分解をしていきます。 原文 橘の 匂ふあたりのうたた寝は夢も昔の袖の香ぞする... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の40段『 すける物思ひ』に収録されている歌「出でて往なばたれか別れの難からむありしにまさる今日は悲しも」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。土佐日記は紀貫之が書いたのですが、自分を女性といつわって、その... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『阿倍仲麻呂・阿部仲麻呂の歌』 このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「阿倍仲麻呂」(十九日。日あしければ船いださず〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「阿倍仲麻呂... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「さくら花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける」という歌について説明していきます。 原文 さくら花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の「京に入り立ちてうれし~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。日付でいうと二... (全て読む)

1

2

3

4