新規登録 ログイン
検索条件
タグ 係り結び

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『さらぬ別れ』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語第八十四段の一節、「さらぬ別れ」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。伊勢物語の作者は未詳ですが、在原業平をモデルと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の23段『 筒井筒』収録されている歌「くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『海賊の恐れ』 このテキストでは、土佐日記の中の「二十三日。日照りて曇りぬ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「海賊の恐れ」と題するものもあるよう... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、平家物語の一節「富士川」の「さる程に、十月二十三日にもなりぬ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 読む前に知っておきたいこと 「富士川」で扱っている戦... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば」という歌について説明していきます。 原文 誰かまた花橘に思ひ出でむ我も昔の人となりなば 現代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「帰京」の「京に入り立ちてうれし~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。日付でいうと二... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草 ここでは、徒然草の冒頭「つれづれなるままに〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説・品詞分解を行っています。徒然草の作者は兼好法師(吉田兼好)です。書籍によっては、「徒然草の序文」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
にくきもの このテキストでは、清少納言が書いた枕草子「にくきもの」(ものうらやみし、身の上嘆き~)の一節の現代語訳・口語訳とその解説をしています。2回にわたってお送りしますが、今回はその2回目で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「春の野にすみれ摘みにと来しわれそ野をなつかしみ一夜寝にける」という歌について説明していきます。 原文 春の野にすみれ摘みにと来し我そ野をなつかしみ一夜寝... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ」という歌について説明していきます。 原文 稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ 現... (全て読む)

1

2

3

4