新規登録 ログイン
検索条件
タグ 2次方程式

1

2

3

4

12_80
Text_level_1
なぜ判別式b²-4acで共有点の数がわかるのか y=ax²+bx+cという2次関数があったとき、この2次関数とx軸との共有点の数はb²-4acが0より大きいか小さいかによって判別することができた... (全て読む)
12_80
Text_level_1
次の2次不等式をとけ  (1)-2x²+6x-4>0 (2)-2x²+6x-4<0 ここでは、x²にマイナスがついた2次不等式の解き方についてみていく。少しこつが必要だが、基本中の基本なのでしっ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次方程式の計算に使う公式の一覧 2次方程式の解の公式 a≠0のとき、ax ^{2} +bx+c=0の解は x=- \frac{b}{2a} \pm \frac{ \sqrt{b ^{2} -4... (全て読む)
14_80
Text_level_1
はじめに ax^{2}+bx+c=oという方程式があります。 この方程式の解を \alpha、 \betaとしたときに次の法則が成り立ちます。 \alpha +\beta =-\frac{b}{... (全て読む)
12_80
Text_level_1
判別式を用いた応用問題 判別式"D=b²−4ac"を使った応用問題を一緒に解いてみましょう。 問題 2次方程式"2x²+2mx+2m+4=0"が重解をもつような定数mの値を求めましょう。そしてそ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次方程式とは ax+b=0 これがいわゆる1次方程式の形でした。 2次方程式とは、xが2乗になり ax ^{2} +bx+c=0 の形をとる式のことです。 与えられた2次方程式を満たすxの値を... (全て読む)
14_80
Text_level_1
2次方程式の解の判別 数学Ⅱの判別式の範囲での応用問題を解いてみましょう。 問題 2次方程式"x²+mx+m+2=0"が異なる2つの虚数解をもつときの定数mの範囲を求めましょう。 <ポイント> ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
練習問題を通して理解を深めよう ここでは2次不等式の解き方についてみていく。2次方程式が解けないと2次不等式は解けないので、不安あある人はまず、2次方程式を完璧にしておくことを勧めたい。 次の2... (全て読む)
3_80
Text_level_1
はじめに ここでは、様々な2次方程式のタイプ別の解き方についてまとめています。 x ^{2} =○○ 一番簡単な形です。 例えばx^{2}=9 という式をみてみます。 何を2乗すれば9になるのか... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次方程式の解の符号 2次方程式"x²+2kx−k+2=0"が、異なる2つの負の解をもつような定数kの値の範囲を求めてみましょう。 この問題は、"y=x²+2kx−k+2"としたときに「この2次... (全て読む)

1

2

3

4