新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
はづかしきもの はづかしきもの。男の心のうち。いざとき夜居の僧。みそか盗人の、さるべき隈にゐて見るらむを、誰かは知らむ、くらきまぎれに、忍びて物ひきとる人もあらむかし。そはしも、おなじ心にをかし... (全て読む)
22_80
Text_level_3
 『人類の歴史の憶測的な起源』は、プロイセン王国の哲学者であったイマニュエル・カント(Immanuel Kant)による1786年の著作です。カントが、聖書の記述を参考にしながら、人類の歴史の始... (全て読む)
12_80
Text_level_1
(x−α)²≧0の形をした2次不等式 "ax²+bx+c≧0"を変形して、"(x−α)²≧0"とできるタイプの2次不等式の解き方についてみていきます。まずは次のことを覚えましょう。 "ax²+b... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きしめく/軋めく カ行四段活用 |未然形|きしめか| |連用形|きしめき| |終止形|きしめく| |連体形|きしめく| |已然形|きしめけ| |命令形|きしめけ| 意味:自動詞 きしきしと音を立... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて ここでは、清少納言が書いた枕草子の中の「中納言参りたまひて」の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 中納言参りたまひて』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省略し... (全て読む)
6_80
Text_level_2
社会保障制度 みなさんは、かぜをひいて病院に行ったときにいくらぐらい払っているかご存知ですか? 日本の医療制度では、治療にかかったお金の3割を負担すればよいことになっています。個人にかわって国が... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 願立 神輿をば、客人(まろうと)の宮へ入れ奉る。客人と申すは、白山妙利権現にておはします。申せば父子の御中なり。まづ沙汰の成否は知らず、生前の御悦(よろこ)び、ただこの事にあり。浦島が... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 冒頭 ここでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の品詞分解を行っています。 タイトルが書籍によって様々で、「おくのほそ道」や「冒頭」、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
むくつけし 形容詞・ク活用 |未然形|むくつけく|むくつけから| |連用形|むくつけく|むくつけかり| |終止形|むくつけし|◯| |連体形|むくつけき|むくつけかる| |已然形|むくつけけれ|... (全て読む)
13_80
Text_level_1
和の法則 "和の法則"と難しそうなタイトルがついていますが、言葉を覚える必要はありません。大切なのは、感覚をつかむことです。ここではまず、和の法則とは何なのかについて説明し、それから、どのような... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!