新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
今昔物語集『藤原為時、詩を作りて越前守に任ぜられし語』 ここでは、今昔物語集の中の『藤原為時、詩を作りて越前守に任ぜられし語』の品詞分解をしています。書籍によっては、『藤原為時、詩を作りて越前守... (全て読む)
9_80
Text_level_1
心ゆくもの 心ゆくもの。よく書いたる女絵の、ことばをかしうつづけて多かる。物見のかへさに、のりこぼれて、おとこどもいと多く、牛よくやるものの車はしらせたる。白くきよげなる陸奥紙にいといと細う書く... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いささかなり/聊かなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|いささかなら|◯| |連用形|いささかなり|いささかに| |終止形|いささかなり|◯| |連体形|いささかなる|◯| |已然形|いささかなれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まれまれ/稀稀 副詞 意味1 ごくまれに、たまたま。 [出典]: 筒井筒 伊勢物語 「まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ...」 [訳]:「(男が)ごくまれに例の高安(の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
五月五日、賀茂の競べ馬を このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草『五月五日、賀茂の競べ馬を』(五月五日、賀茂の競べ馬を見侍りしに〜)の品詞分解を行なっています。 ※現代語訳: 『五月五日、賀茂... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記 東にくだりし親 東にくだりし親、からうじてのぼりて、西山なる所におちつきたれば、そこにみな渡りて見るに、いみじううれしきに、月のあかき、夜ひとよ、物語などして、   かかる世もありける... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 野分立ちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、常よりも思し出づること多くて、靫負命婦といふを遣はす。夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
男こそ 男こそ、なほいとありがたくあやしき心地したるものはあれ。いときよげなる人をすてて、にくげなる人を持たるもあやしかし。公所(おほやけどころ)に入りたちたる男、家の子などは、あるがなかによか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
正月十余日のほど 正月十余日のほど、空いとくろう曇り、あつくみえながら、さすがに日はけざやかにさし出でたるに、ゑせものの家の荒畠といふものの、土うるはしうもなをからぬ、桃の木のわかだちて、いとし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
心にくきもの 心にくきもの。ものへだてて聞くに、女房とはおぼえぬ手の、しのびやかにをかしげに聞こえたるに、こたへ若やかにして、うちそよめきてまゐるけはひ。もののうしろ、障子などへだてて聞くに、御... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他