新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
平家物語 殿下乗合 その後入道相国、片田舎の侍どもの、こはらかにて、入道殿の仰せより外(ほか)は、またおそろしき事なしと思ふ者dも、難波・瀬尾(せのお)をはじめとして、都合六十余人召しよせ、 「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
のわき/のわけ/野分 名詞 意味 秋に吹く激しい風、台風。 [出典]: 折節の 徒然草 「七夕まつるこそなまめかしけれ。やうやう夜寒になるほど、雁鳴きて来るころ、萩の下葉色づくほど、早稲田刈り干... (全て読む)
9_80
Text_level_1
九月ばかり 九月ばかり、夜ひと夜降り明かしつる雨の、けさはやみて、朝日いとけざやかにさし出でたるに、前栽(せんざい)の露は、こぼるばかりぬれかかりたるも、いとをかし。透垣(すいがい)の羅文(らん... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『最後の除目(兼通と兼家の不和)』 ここでは、大鏡の中の『最後の除目・兼通と兼家の不和(堀河殿、果ては〜)』の品詞分解をしています。 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 「堀河殿、 果て は(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平安時代の貴族の女性のたしなみ  平安時代の貴族の女性には、たしなみとして次の3つのことに精通していることが大切とされていました。 手習い 1つめが「手習い」。 これは現代語訳をすると文字の綺麗... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うるはしみす/麗しみす サ行変格活用 |未然形|うるはしみせ| |連用形|うるはしみし| |終止形|うるはしみす| |連体形|うるはしみする| |已然形|うるはしみすれ| |命令形|うるはしみせ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
せむ/迫む/逼む 「せむ」には ①迫む/逼む ②責む ③為む などの用法があるが、ここでは「①迫む/逼む」を扱う。 マ行下二段活用 |未然形|せめ| |連用形|せめ| |終止形|せむ| |連体形... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あざける/嘲る ラ行四段活用 |未然形|あざけら| |連用形|あざけり| |終止形|あざける| |連体形|あざける| |已然形|あざけれ| |命令形|あざけれ| 意味1:他動詞 ばかにして笑う、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うちわる/打ち割る ラ行四段活用 |未然形|うちわら| |連用形|うちわり| |終止形|うちわる| |連体形|うちわる| |已然形|うちわれ| |命令形|うちわれ| 意味:他動詞 叩き割る。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
げんざんにいる/見参に入る 名詞「見参」と動詞「入る」が一語になったもの。 連語 「見参に入る」は、「入る」が ①ラ行四段活用(自動詞) ②ラ行下二段活用(他動詞) の場合とで意味が異なる。 ①... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他