新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
をりふしの移り変わるこそ このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「をりふし移り変はること」(をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ〜)の品詞分解をしています。2回にわけて書いてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 祇王 その後入道、祇王が心のうちをば知り給はず、 「いかにその後何事かある。さては仏御前があまりにつれづれげに見ゆるに、今様、ひとつうたへかし」 との給へば、祇王参る程では、ともかうも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きしむ/軋む マ行四段活用 |未然形|きしま| |連用形|きしみ| |終止形|きしむ| |連体形|きしむ| |已然形|きしめ| |命令形|きしめ| 意味:自動詞 (すれあって)きしきしと音をたて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さりとも/然りとも ※ラ行変格活用「さり」の終止形と接続助詞「とも」が合わさったもの。 「さりとも」には ①接続詞 ②副詞 の用法がある。 ①接続詞 意味1 そうはいっても、例えそうであったとし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おもひわづらふ/思ひ煩ふ ハ行四段活用 |未然形|おもひわづらは| |連用形|おもひわづらひ| |終止形|おもひわづらふ| |連体形|おもひわづらふ| |已然形|おもひわづらへ| |命令形|おも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かへりいる/帰り入る ラ行四段活用 |未然形|かへりいら| |連用形|かへりいり| |終止形|かへりいる| |連体形|かへりいる| |已然形|かへりいれ| |命令形|かへりいれ| 意味:自動詞 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
のがる/逃る/遁る ラ行下二段活用 |未然形|のがれ| |連用形|のがれ| |終止形|のがる| |連体形|のがるる| |已然形|のがるれ| |命令形|のがれよ| 意味1:自動詞 (ある状況から)... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おひたつ/生ひ立つ タ行四段活用 |未然形|おひたた| |連用形|おひたち| |終止形|おひたつ| |連体形|おひたつ| |已然形|おひたて| |命令形|おひたて| 意味:自動詞 成長する、大き... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とまる/止まる/留まる 「とまる」には ①止まる/留まる ②泊まる があるが、ここでは「①止まる/留まる」について扱う。 ラ行四段活用 |未然形|とまら| |連用形|とまり| |終止形|とまる|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くもゐ/雲居/雲井 名詞 意味1 空、雲のある所。 [出典]:鳥は 枕草子 「鶴は、いとこちたきさまなれど、鳴く声雲居まで聞ゆる、いとめでたし。」 [訳]:鶴は、大変大げさな様子ではあるが、鳴く... (全て読む)

1

2

3

4