新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
ふしぎ/不思議 名詞 意味 思いもよらないこと、理解を越えていること、常識はずれなこと。 [出典]: 安元の大火 方丈記 「予(われ)、ものの心を知れりしより、四十(よそぢ)あまりの春秋を送れる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひきあぐ/引き上ぐ ガ行下二段活用 |未然形|ひきあげ| |連用形|ひきあげ| |終止形|ひきあぐ| |連体形|ひきあぐる| |已然形|ひきあぐれ| |命令形|ひきあげよ| 意味1:他動詞 引い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『うるはしき友』 このテキストでは、伊勢物語の第46段『うるはしき友』(むかし、男、いとうるはしき友ありけり〜)の品詞分解を記しています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |むかし、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 さはれよろづにこのよのことはあいなく思ふを さはれ、よろづにこのよのことはあいなく思ふを、去年(こぞ)の春、呉竹うゑんとてこひしを、このごろ 「たてまつらん」 といへば、 「いさや、あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「世の中を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば」という歌について説明していきます。 原文 世の中を 憂しと やさしと思へども飛び立ち... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 忌みの所になん夜ごとに 「忌みの所になん、夜ごとに」 とつぐる人あれば、心やすからでありふるに、月日はさながら、 「鬼やらひ来(き)ぬる」 とあれば、あさましあさましと思ひはつるもいみ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あをし/青し 形容詞・ク活用 |未然形|あをく|あをから| |連用形|あをく|あをかり| |終止形|あをし|◯| |連体形|あをき|あをかる| |已然形|あをけれ|◯| |命令形|◯|あをかれ|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
うるはしみす/麗しみす サ行変格活用 |未然形|うるはしみせ| |連用形|うるはしみし| |終止形|うるはしみす| |連体形|うるはしみする| |已然形|うるはしみすれ| |命令形|うるはしみせ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おぼし/思し/覚し 形容詞・シク活用 |未然形|おぼしく|おぼしから| |連用形|おぼしく|おぼしかり| |終止形|おぼし|◯| |連体形|おぼしき|おぼしかる| |已然形|おぼしけれ|◯| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かしづく/傅く カ行四段活用 |未然形|かしづか| |連用形|かしづき| |終止形|かしづく| |連体形|かしづく| |已然形|かしづけ| |命令形|かしづけ| 意味1:他動詞 大切に育てる。 ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他