新規登録 ログイン
検索条件
科目 現代文
タグ

1

2

3

4

8_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
8_80
Text_level_1
センター試験の国語において、現代文と呼ばれる分野は“評論”と“小説”の二つがあります。ここでは、小説の解き方について述べていくことにします。 小説 問題形式としては、まず語彙の意味を答える問題が... (全て読む)
8_80
Text_level_1
心情理解を助けるためのキーワード ここでは小説を読むときに、登場人物の心情を理解するのに役立つキーワードを紹介します。 その1:風景 好きな映画を思い浮かべてみてください。 例えば非常に緊張した... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 夏目漱石は明治から大正時代にかけて活躍した小説家です。坊ちゃんや吾輩は猫であるといった作品をご存じの方も多いでしょう。 ここでは、夏目漱石のおもな作品とちょっとしたあらすじをまとめてい... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第4回は聞くと聴くについてみていきましょう。 「聞く」 意識しないでただ耳に入ってくる音を受け入れる... (全て読む)
8_80
Text_level_1
登場人物の心情を理解する 小説の問題でキーになってくるのが、登場人物の心情を理解するということです。 例えば、「笑っていた」という言葉からは何か面白いことがあったということが想像できますし、「泣... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第1回目は青田刈りと青田買いについてみていきましょう。 青田刈り 青田とは、収穫をする前のまだ青い状... (全て読む)
8_80
Text_level_1
足を洗うの語源 職業を辞めるや、悪いことから身を引くときに使われる「足を洗う」という表現ですが、そもそもなんでこのような言い回しをするようになったのでしょうか。 仏教が由来 昔の僧は、修行のため... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文の読解法 評論文とは、筆者が自分の意見を主張するための文章ですが、その多くが筆者の主張とそれに対する反対意見を述べて、その2つを比べることで自分の主張が正しいんだと展開する形をとっています... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 現代文
 読み解き
   論説・評論文
   小説
   随筆
   短歌・俳句・詩
 作家
   作家
 ことば
   漢字・単語・熟語・ことわざ
 その他
   その他