新規登録 ログイン
検索条件
科目 現代文
タグ

1

2

3

4

8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第6回は特徴と特長についてみていきましょう。どちらも"とくちょう"と読みますが、どういったシチュエー... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに センター試験の国語は、評論・小説・古文・漢文の4つに問題がわかれています。各50点の合計200点満点が基本です。私立の大学などでは、現代文だけを採点対象にしたり公立大学でも漢文が採点さ... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文をスラスラと読解できるのか? 大学入試における評論文・論説文は、普段みなさんが目にする文章とは異なっていると思います。 小説のようにすぐに頭の中でイメージが浮かびやすいようなものではなく、... (全て読む)
8_80
Text_level_1
夏目漱石 夏目漱石は大正時代に活躍した作家で、坊ちゃんや三四郎、吾輩は猫であるなどの作品で知られています。みなさんも夏目漱石の作品を読んだことがあるのではないでしょうか。 さて、この夏目漱石とい... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第1回目は青田刈りと青田買いについてみていきましょう。 青田刈り 青田とは、収穫をする前のまだ青い状... (全て読む)
8_80
Text_level_1
心情の変化のタイミングをつかむべし 小説では、 ・登場人物の心情が変わるタイミング ・どのような心情からどのようなものに変わっていったのか ・その心情を変化させた理由は何なのか この3点を抑えて... (全て読む)
8_80
Text_level_1
足を洗うの語源 職業を辞めるや、悪いことから身を引くときに使われる「足を洗う」という表現ですが、そもそもなんでこのような言い回しをするようになったのでしょうか。 仏教が由来 昔の僧は、修行のため... (全て読む)
8_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文を読むときに注意すべきこと 評論文が苦手な人の特徴として、自分の意見と筆者の意見とをリンクさせて勝手な解釈を加えてしまう傾向があります。 現代文全般で言えることですが、現代文の文章を解くと... (全て読む)

1

2

3

4