新規登録 ログイン
検索条件
科目 現代文
タグ

1

2

3

4

8_80
Text_level_1
心情の変化のタイミングをつかむべし 小説では、 ・登場人物の心情が変わるタイミング ・どのような心情からどのようなものに変わっていったのか ・その心情を変化させた理由は何なのか この3点を抑えて... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第4回は聞くと聴くについてみていきましょう。 「聞く」 意識しないでただ耳に入ってくる音を受け入れる... (全て読む)
8_80
Text_level_1
センター試験の国語において、現代文と呼ばれる分野は“評論”と“小説”の二つがあります。ここでは、小説の解き方について述べていくことにします。 小説 問題形式としては、まず語彙の意味を答える問題が... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文をスラスラと読解できるのか? 大学入試における評論文・論説文は、普段みなさんが目にする文章とは異なっていると思います。 小説のようにすぐに頭の中でイメージが浮かびやすいようなものではなく、... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに ここでは、夏目漱石の「こゝろ」を要約したものを書いています。 こゝろ 物語は、主人公の「私」が鎌倉を旅行していたときに、「先生」と出会うところから始まります。どことなくそっけないながら... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに ここでは村上春樹の『ノルウェイの森』について要約しています。長編小説ですので、物語の中心人物(「僕」、「直子」、「みどり」)のやりとりを中心に要約しています。 ノルウェイの森 この物語... (全て読む)
8_80
Text_level_1
評論文を読むときに注意すべきこと 評論文が苦手な人の特徴として、自分の意見と筆者の意見とをリンクさせて勝手な解釈を加えてしまう傾向があります。 現代文全般で言えることですが、現代文の文章を解くと... (全て読む)
8_80
Text_level_1
登場人物の心情を理解する 小説の問題でキーになってくるのが、登場人物の心情を理解するということです。 例えば、「笑っていた」という言葉からは何か面白いことがあったということが想像できますし、「泣... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第2回目はおざなりとなおざりについてみていきましょう。どちらも「いい加減」という意味をもつ似た言葉で... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 現代文
 読み解き
   論説・評論文
   小説
   随筆
   短歌・俳句・詩
 作家
   作家
 ことば
   漢字・単語・熟語・ことわざ
 その他
   その他