新規登録 ログイン
検索条件
科目 現代文
タグ

1

2

3

4

8_80
Text_level_1
日本人として当たり前のように使っている漢字。 それが、ここ半世紀の内に大きく変わっているということを習った方はいるだろうか? 少なくとも、学校の先生にも塾の先生にも親にも、私は教わった記憶はない... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第3回は意思と意志についてみていきましょう。 「意思」 意思は、自分の考えや思いのことです。例えば次... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 小説の問題で、文章はしっかりと読めて「よし!いける!!」」と思って解いてみると、まったく答えが違っていたなんて経験をお持ちの方も多いでしょう。 解説を読みながら理解をしようとしても、い... (全て読む)
8_80
Text_level_1
心情理解を助けるためのキーワード ここでは小説を読むときに、登場人物の心情を理解するのに役立つキーワードを紹介します。 その1:風景 好きな映画を思い浮かべてみてください。 例えば非常に緊張した... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第1回目は青田刈りと青田買いについてみていきましょう。 青田刈り 青田とは、収穫をする前のまだ青い状... (全て読む)
8_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第2回目はおざなりとなおざりについてみていきましょう。どちらも「いい加減」という意味をもつ似た言葉で... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに センター試験の国語は、評論・小説・古文・漢文の4つに問題がわかれています。各50点の合計200点満点が基本です。私立の大学などでは、現代文だけを採点対象にしたり公立大学でも漢文が採点さ... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 夏目漱石は明治から大正時代にかけて活躍した小説家です。坊ちゃんや吾輩は猫であるといった作品をご存じの方も多いでしょう。 ここでは、夏目漱石のおもな作品とちょっとしたあらすじをまとめてい... (全て読む)
8_80
Text_level_1
足を洗うの語源 職業を辞めるや、悪いことから身を引くときに使われる「足を洗う」という表現ですが、そもそもなんでこのような言い回しをするようになったのでしょうか。 仏教が由来 昔の僧は、修行のため... (全て読む)

1

2

3

4