新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学社会 歴史
タグ

1

2

3

4

4_80
Text_level_2
渡来人の登場 この時代になると、急速に生活のレベルがあがります。これは渡来人(とらいじん)と呼ばれる人たちが中国大陸からわたってきて、技術を伝えてくれたおかげです。わたってきたから「渡来人」覚え... (全て読む)
4_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、縄文土器と弥生土器の違いについて説明しています。 写真もセットでのっけてありますので、形と特徴をあわせて覚えるようにしましょう。 縄文土器 特徴1:土器全体についた縄... (全て読む)
4_80
Text_level_1
元寇 この時代の中国では、チンギスハンがモンゴル帝国を興し、一大帝国を築いていました。この国の名前を元(げん)と言います。 元の5代目、フビライハンのときに事件はおこります。 なんと元の属国にな... (全て読む)
4_80
Text_level_1
江戸時代には、三大改革と呼ばれる改革があります。改革とは幕府の政策のことです。その三大改革とは、享保の改革、寛政の改革、天保の改革の3つです。この3つの改革の違いがよく出題されますので、おさえと... (全て読む)
4_80
Text_level_1
はじめに 1950年に、北朝鮮が韓国に侵攻をして、朝鮮戦争が起こりました。日本はこの戦争によってまた仕組みが変わることになります。 朝鮮特需 GHQの占領政策は、日本を骨抜きにして2度と戦争を起... (全て読む)
4_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、645年に起こった乙巳の変(おっしのへん・いっしのへん)ついて説明をしていきます。年号とともに覚える名前がいくつかありますので、しっかりと覚えておきましょう。 乙巳の... (全て読む)
4_80
Text_level_1
遣隋使 飛鳥時代に、中国を支配していた「隋」(ずい)という国がありました。この隋はとても大きな国でしたので、隋の文化を学びに行こうというのがおもな目的でした。 遣隋使は文化交流のために送られた ... (全て読む)
4_80
Text_level_1
江戸時代では、各藩が幕府を代表して近隣諸国との関係を作って行きました。 薩摩藩と琉球王国 薩摩藩はいまの鹿児島県、琉球王国はいまの沖縄県にあたります。もともと沖縄は日本ではなく別の国だったのです... (全て読む)
4_80
Text_level_1
勘合貿易 室町幕府の3代将軍足利義満の頃、中国では明(みん)が勢力を伸ばしていました。義満は明との貿易、すなわち日明貿易をおこなっていました。 この頃、日本と明とを結ぶ海域には倭寇(わこう)と呼... (全て読む)
4_80
Text_level_1
はじめに 大化の改新で朝廷は、農民に土地を貸し出すという政策をとっていました。この土地のことを口分田といいます。しかし奈良時代になると、人口が増えてきたことによってこの口分田が足りなくなってきま... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学社会 歴史
 古代までの日本
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の日本
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の日本
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近現代の日本と世界
   明治維新・開国
   条約改正・日清/日露戦争
   殖産興業・富国強兵・国民生活の変化
   第一次世界大戦と大正デモクラシー
   第二次世界大戦・太平洋戦争
   占領下の日本
   高度経済成長の時代
 その他
   その他

まとめ