新規登録 ログイン
検索条件
科目 生物
タグ

1

2

3

4

24_80
Text_level_1
自律神経の役割 人は、緊張したりテンションが上がると、心臓をうつ回数や呼吸が速くなります。一方で気分が落ち着くとこれらの運動は収まります。 これらの運動は、自分の意思とは関係なく、体が勝手に行な... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに DNAには、私たちの遺伝の情報が詰まっており、そこには1人1人違う情報が入っています。 DNAの構造 DNAは、糖(デオキシリボース)とリン酸、塩基から構成される核酸で、その拡散の最小... (全て読む)
24_80
Text_level_1
色々な遺伝現象 遺伝の大原則はメンデルの法則の章で述べたとおりですが、中にはメンデルの法則にのっとらない例外的な遺伝形式があります。 3つあるので、1つずつ紹介します。 この章では、1つ目の「不... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 細胞は生物を構成する最小単位ですが、その細胞の中には様々な小器官が存在しています。ここではその小器官(核小体、核膜、核液、染色糸)のはたらきについてまとめています。 細胞小器官のはたら... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 植物の成長はすべて、植物ホルモンの働きによって担われています。 ここでは、植物ホルモンの中で植物の茎を伸ばす作用のあるオーキシンについて説明をしています。 オーキシン オーキシンは茎の... (全て読む)
24_80
Text_level_1
ホルモンとは 我々の体内の中では、ホルモンと呼ばれる分泌液が生成されています。 このホルモンには多くの種類があり、それらはある決まった器官で合成・分泌されます。生成されたあと血液にのって体内をめ... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 免疫には、抗体が絡んでくる体液性免疫(液性免疫)と、抗体の関与しない細胞性免疫の2種類があります。ここではそのうちの体液性免疫について説明していきます。 体液性免疫のしくみ 体液性免疫... (全て読む)
24_80
Text_level_1
致死遺伝子 かわった遺伝の形式の最後のお話です。 遺伝子の中には生物を死に至らしめる恐ろしい遺伝子があるのです。 これを「致死遺伝子」と呼びます。 ハツカネズミからの考察 ハツカネズミには毛の色... (全て読む)
24_80
Text_level_1
外来種 船や飛行機の登場によって、人は様々な地域を行き来できるようになりました。 人の移動に伴って、様々な種類の動物も、それまでその種が存在していなかった土地に生息するようになります。 このよう... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 地層が地球上にできてから現代に至るまで約40憶年ありますが、この期間を地質時代と言います。この地質時代は大きく分けて「先カンブリア時代」、「古生代」、「中生代」、「新生代」の4つにわけ... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 生物
 生物基礎:生物と遺伝子
   生物基礎:細胞とエネルギー
   生物基礎:遺伝とDNA/タンパク質の合成
 生物基礎:生物の体内環境の維持
   生物基礎:体液の性質
   生物基礎:自律神経とホルモン
   生物基礎:免疫
 生物基礎:生物の多様性と生体
   生物基礎:植生とその遷移
   生物基礎:気候とバイオーム
   生物基礎:生態系/生物の多様性
 生物:生命現象と物質
   生物:細胞と分子
   生物:タンパク質の機能・特徴/酵素
   生物:代謝(呼吸/光合成/窒素同化)
   生物:DNAとその発現
   生物:バイオテクノロジー・遺伝子の応用
 生物:生殖と発生
   生物:生殖
   生物:動物の発生
   生物:植物の発生
 生物:生物の環境応答
   生物:動物の環境応答(刺激の受容と反応)
   生物:植物の環境応答(植物ホルモンと光受容体)
 生物:生態と環境
   生物:個体群と生物群集
   生物:生態系と生物多様性
 生物:生物の進化と系統
   生物:生物の進化
   生物:生物の系統
 その他
   その他