新規登録 ログイン
検索条件
科目 化学
タグ

1

2

3

4

23_80
Text_level_1
蒸発≠沸騰 やかん(鍋でもいいですが)に水を入れてふつふつと熱したとき、温度が上がるにつれて、だんだんと蒸気があがってきます。さらに熱を加えると蒸発がすすんでぐつぐつと煮立った状態になりますよね... (全て読む)
23_80
Text_level_1
単体と化合物、元素の登場 水素や酸素のように、物質的にそれ以上分解をすることができない物質を単体といいます。 一方で、水(H2O)や二酸化炭素(CO2)のように、分解すると2つ以上の物質にわかれ... (全て読む)
23_80
Text_level_1
pHを求める方法 押えておくべきこと ここでは、一緒にpHを求める問題を解きながらその基礎についてみてみましょう。 問題に入る前に、押さえておくべき点です。 水素イオン濃度[H+]=酸の価数×酸... (全て読む)
23_80
Text_level_1
遷移元素 遷移元素は図の色がかかった部分に属する元素です。すべてが金属元素で次のような性質を持ちます。 前回は 電子殻の数に注目をして遷移元素について説明をしました。今回は一般的に遷移元素とはど... (全て読む)
23_80
Text_level_2
はじめに 化学反応式でいろいろな量の関係がわかります。 標準状態でメタン( CH _{4})が完全燃焼したときを例にとってみていきましょう。 メタンを完全燃焼させる メタンを完全燃焼させたときの... (全て読む)
23_80
Text_level_2
反応熱の種類 物質の生成の過程で、放出されたり吸収されたりする熱のことを反応熱と言います。ここではその種類について説明しましょう。 燃焼熱 ある反応物1molが、燃焼する際に発生する熱 物質1m... (全て読む)
23_80
Text_level_1
合成高分子化合物とは 分子量が約1万以上の物質を高分子化合物と言い、その中でも人工的に合成されたものは合成高分子化合物と呼ばれます。例えばポリエチレンやナイロンなどがこれに該当します。 合成樹脂... (全て読む)
23_80
Text_level_1
中和反応の計算 酸と塩基が過不足なく中和するためには、酸が出す水素イオン[H+]と塩基の出す水酸化物イオン[OH-]の数が等しい必要があります。 ただし、このときに酸と塩基の価数に注意する必要が... (全て読む)
23_80
Text_level_1
沸点上昇 溶媒に溶質を溶かすと、その溶液の沸点は溶媒の沸点よりも高くなります。 例えば食塩を水に溶かして食塩水としたとき、その沸点は水の沸点である100℃よりも高くなります。この性質のことを溶液... (全て読む)
23_80
Text_level_1
共有結合 H2は、2つの水素原子がくっついてできたものですが、これはイオン結合とは異なります。 イオン結合は、陽イオンと陰々が反応しあう結合のことでしたものね。 ではこのH2は何結合なのか?とい... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 化学
 化学基礎:物質の構成
   化学基礎:単体/化合物/混合物
   化学基礎:熱運動と物質の三態
   化学基礎:原子の構造
   化学基礎:電子配置と周期表
   化学基礎:イオンとイオン結合
   化学基礎:金属と金属結合
   化学基礎:分子と共有結合
 化学基礎:物質の変化
   化学基礎:原子量・分子量と物質量
   化学基礎:化学反応式
   化学基礎:酸と塩基
   化学基礎:水素イオンとpH
   化学基礎:中和反応
   化学基礎:酸化還元反応
 化学:物質の状態とその変化
   化学:状態変化/分子間力/化学結合/固体の構造
   化学:気体の法則
   化学:溶液
 化学:物質の変化と平衡
   化学:化学反応と熱・光
   化学:電気分解/電池
 化学:化学反応と化学平衡
   化学:反応速度
   化学:可逆反応/化学平衡とその移動
   化学:電離平衡
 化学:無機物質
   化学:典型元素
   化学:遷移元素
 化学:有機化合物
   化学:炭化水素
   化学:官能基を含む有機化合物
   化学:芳香族化合物
 化学:高分子化合物
   化学:合成高分子化合物
   化学:天然高分子化合物
 その他
   その他