新規登録 ログイン
検索条件
科目 倫理
タグ

1

2

3

4

22_80
Text_level_1
◯人物  17歳の時にプラトンが創設した学園アカデメイアに学び、師プラトンの元で20年学ぶ。次第にプラトンのイデア論に批判的になり、彼の死後アテネを去って、後に東方遠征などで名を馳せるアレクサン... (全て読む)
22_80
Text_level_1
ベンサムとミルの考えた幸福 ベンサムの考えた幸福 ベンサムはイギリスの法律家です。 彼は幸福度を快楽計算によって量的に表し、「快楽-苦痛」の差を最大化することによって、個人の幸福度は最大になると... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  18世紀フランスの啓蒙思想家。哲学、政治論、教育論、文学、音楽などその活動は多岐にわたる。出身はスイスのジュネーブで、時計職人の家に生まれる。生後まもなく母を亡くし、13歳の時に父が原... (全て読む)
22_80
Text_level_1
王権神授説によって正当化された絶対王政に対して、人々は新しい視点から社会の在り方を考えるようになりました。 それまで、思想や文化においてこの考え方は進んでいましたが、ついに政治や社会の在り方にま... (全て読む)
22_80
Text_level_2
パーソナリティとは パーソナリティは、人格と訳され、個人の心理面での特性や人柄、人としての主体のことを指します。 パーソナリティは、もともとラテン語のペルソナ(仮面)という意味に由来しています。... (全て読む)
22_80
Text_level_1
マキャベリの考えたリアリズム イタリアの政治学者マキャベリは、その著書『君主論』の中で以下のように述べています。 国をまとめるという目的のためであれば、国のトップに立つ君主は、いかなる手段であっ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
キリスト教の解禁 明治時代になると、江戸時代に禁止されていたキリスト教が解禁されます。日本に入ってきたのはプロテスタントの教えでした。プロテスタントとは、カルヴァンやルターが説いた、それまでとは... (全て読む)
22_80
Text_level_1
国粋主義 西洋諸国に負けないようにと、開国後の日本は様々な西洋文化や西洋思想を取り入れていきます。こうした背景の中で、西洋に傾き独自の文化がないがしろにされてしまうのを危惧した人たちがでてきます... (全て読む)
22_80
Text_level_1
はじめに ユダヤ教を母体として生まれたキリスト教には、ユダヤ教ととても密接な関係があります。 ユダヤ教の聖書をキリスト教では「旧約聖書」と呼ぶのはこのためです。 イエス=キリストの誕生 さて、キ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
二宮尊徳 みなさんは二宮金治郎をご存知でしょうか。薪を背負いながら本を読む姿の銅像を目にされた方も多いのではないでしょうか。昔はこの姿こそが勤勉の証として教育の現場でもよく目にしましたが、最近は... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 倫理
 人間としての自覚
   青年期の自己
   ギリシアの思想
   中国の思想
   その他の思想
   仏教
   キリスト教
   イスラーム教
 国際社会に生きる日本人としての自覚
   日本仏教の思想
   日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)
   国学と民衆思想(本居宣長/石田梅岩/二宮尊徳など)
   啓蒙思想と自由民権運動(福沢諭吉/中江兆民など)
   キリスト教の受容(プロテスタンティズム/内村鑑三など)
   国粋主義/国家主義/社会主義(徳富蘇峰/三宅雪嶺/幸徳秋水など)
   近代的自我の成立(近代文学/民本主義/女性解放など)
   近代の日本哲学(西田幾多郎/和辻哲郎など)
 現代に生きる人間の倫理
   近代思想の始まり(ルネサンス/宗教改革など)
   科学的な見方・考え方(ガリレオ/ベーコン/デカルトなど)
   近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)
   自己実現と幸福(ヘーゲル/功利主義/プラグマティズムなど)
   社会主義と実存主義(マルクス/エンゲルス/ニーチェ/ハイデッガーなど)
   現代のヒューマニズム(ガンディー/キング牧師など)
   現代の思想(フランクフルト学派/構造主義など)
 現代の諸課題と倫理
   生命倫理と環境倫理における問題
   家族と地域社会・情報社会における問題
   異文化の理解と人類の福祉
 その他
   その他