新規登録 ログイン
検索条件
科目 倫理
タグ

1

2

3

4

22_80
Text_level_1
ギリシア文明は、現代の私たちの社会に大きな影響を与えた文明と言えるでしょう。 このテキストでは、ギリシア文明からどのように哲学が生まれ、発展していったかを説明します。 ギリシア哲学とは何か 哲... (全て読む)
22_80
Text_level_1
青年期 青年期は、子供から成人へと成長する時期にいる人たちのことを指します。一般的に13,14歳~22,23歳までの期間が青年期とされています。 古代、中世などに比べて現代の文明は発達しており、... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回は、ホッブスの唱えた社会契約説に、ロックが抵抗権と革命権を付け加えた新しい社会契約説を提唱したと説明しました。 ロックはそのためには議会制民主主義を採用することがベストな手段であ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
王権神授説によって正当化された絶対王政に対して、人々は新しい視点から社会の在り方を考えるようになりました。 それまで、思想や文化においてこの考え方は進んでいましたが、ついに政治や社会の在り方にま... (全て読む)
22_80
Text_level_1
葛藤(コンフリクト) 青年期には様々な欲求がせめぎ合います。二つ以上の異なる欲求が生じて選択が困難になることを葛藤(コンフリクト)といいます。 葛藤は3種類の分類がなされるとK.レヴィンは言って... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  17世紀に活躍したイギリスの哲学者・政治学者。牧師の子に生まれ、貴族の家庭教師をしながら思索・研究に励んだ。1640年に『法学要綱』を発表するが、議会派から絶対王政を支持しているとして... (全て読む)
22_80
Text_level_1
ベンサム ベンサムはイギリスの法律家です。このベンサムが唱えたのが「最大多数の最大幸福」なのですが、今回はこの言葉の真理についてみていきましょう。 功利主義 まず、ベンサムの考えの基盤となってい... (全て読む)
22_80
Text_level_1
空海と最澄の功績 現代の日本仏教に通じる密教の礎を築いたのが平安時代の僧侶であった空海と最澄でした。 この2人は世俗と離れたところの修行こそ価値があると考え、山にこもって修行を行うという山岳仏教... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  イマヌエル・カントは1724年、ドイツのケーニヒスベルクに生まれた哲学者。まるで精巧な時計のように規則正しい生活を送っており、日課である午後三時半の散歩は、周囲の人がその姿を見て時計を... (全て読む)
22_80
Text_level_1
徳治主義と法治主義 中国の思想家と言えば孔子を思い浮かべる人も多いでしょう。ここでは孔子が唱えた徳治主義、そして孔子が生きた時代に主流であった法治主義について説明していきましょう。わかりやすく説... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 倫理
 人間としての自覚
   青年期の自己
   ギリシアの思想
   中国の思想
   その他の思想
   仏教
   キリスト教
   イスラーム教
 国際社会に生きる日本人としての自覚
   日本仏教の思想
   日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)
   国学と民衆思想(本居宣長/石田梅岩/二宮尊徳など)
   啓蒙思想と自由民権運動(福沢諭吉/中江兆民など)
   キリスト教の受容(プロテスタンティズム/内村鑑三など)
   国粋主義/国家主義/社会主義(徳富蘇峰/三宅雪嶺/幸徳秋水など)
   近代的自我の成立(近代文学/民本主義/女性解放など)
   近代の日本哲学(西田幾多郎/和辻哲郎など)
 現代に生きる人間の倫理
   近代思想の始まり(ルネサンス/宗教改革など)
   科学的な見方・考え方(ガリレオ/ベーコン/デカルトなど)
   近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)
   自己実現と幸福(ヘーゲル/功利主義/プラグマティズムなど)
   社会主義と実存主義(マルクス/エンゲルス/ニーチェ/ハイデッガーなど)
   現代のヒューマニズム(ガンディー/キング牧師など)
   現代の思想(フランクフルト学派/構造主義など)
 現代の諸課題と倫理
   生命倫理と環境倫理における問題
   家族と地域社会・情報社会における問題
   異文化の理解と人類の福祉
 その他
   その他