新規登録 ログイン
検索条件
科目 倫理
タグ

1

2

3

4

22_80
Text_level_1
はじめに イギリスの政治家・哲学者であったベーコンは、人間は日常生活において多くの偏見や誤解をもって生きていると考えました。彼はこのような偏見のことをイドラと呼び、そのイドラを4つにわけました。... (全て読む)
22_80
Text_level_1
キリスト教の解禁 明治時代になると、江戸時代に禁止されていたキリスト教が解禁されます。日本に入ってきたのはプロテスタントの教えでした。プロテスタントとは、カルヴァンやルターが説いた、それまでとは... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  17歳の時にプラトンが創設した学園アカデメイアに学び、師プラトンの元で20年学ぶ。次第にプラトンのイデア論に批判的になり、彼の死後アテネを去って、後に東方遠征などで名を馳せるアレクサン... (全て読む)
22_80
Text_level_1
自然哲学の成立 ギリシア人の知的好奇心が増えるにつれ、彼らは人間を取り巻く自然の根源(アルケー)は何かという問いを持つようになります。 ギリシアの植民都市、イオニア地方のミレトスでは、この自然の... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  イマヌエル・カントは1724年、ドイツのケーニヒスベルクに生まれた哲学者。まるで精巧な時計のように規則正しい生活を送っており、日課である午後三時半の散歩は、周囲の人がその姿を見て時計を... (全て読む)
22_80
Text_level_3
以下は、スピノザが『エチカ』において行なった汎神論の証明の内容の要約です。あくまでも要約であり実際にスピノザが書いた文章ではありません。 定義 自己原因 =その本質が存在を含む物 =その本性が存... (全て読む)
22_80
Text_level_1
はじめに 現代で私たちが勉強している科学ですが、この基礎ができたのが16世紀~17世紀のヨーロッパでした。人々は、それまで神を中心として正しいとされてきたことに対して、科学的な視点から客観的に何... (全て読む)
22_80
Text_level_2
パーソナリティとは パーソナリティは、人格と訳され、個人の心理面での特性や人柄、人としての主体のことを指します。 パーソナリティは、もともとラテン語のペルソナ(仮面)という意味に由来しています。... (全て読む)
22_80
Text_level_1
社会契約説を唱えた3人の思想家 ここでは社会契約説を唱えた思想家の中でも、ホッブス、ロック、ルソーの3人に注目をしてそれぞれの思想の特徴についてまとめています。 |-|ホッブス|ロック|ルソー|... (全て読む)
22_80
Text_level_1
欲求 第二次性徴で心身共に成熟し、自我意識の形成されてくる青年期には様々な欲求が生まれます。欲求には様々な形があります。何かをしたいと思って行動起こすのは、そこに欲求があるからです。 欲求には一... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 倫理
 人間としての自覚
   青年期の自己
   ギリシアの思想
   中国の思想
   その他の思想
   仏教
   キリスト教
   イスラーム教
 国際社会に生きる日本人としての自覚
   日本仏教の思想
   日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)
   国学と民衆思想(本居宣長/石田梅岩/二宮尊徳など)
   啓蒙思想と自由民権運動(福沢諭吉/中江兆民など)
   キリスト教の受容(プロテスタンティズム/内村鑑三など)
   国粋主義/国家主義/社会主義(徳富蘇峰/三宅雪嶺/幸徳秋水など)
   近代的自我の成立(近代文学/民本主義/女性解放など)
   近代の日本哲学(西田幾多郎/和辻哲郎など)
 現代に生きる人間の倫理
   近代思想の始まり(ルネサンス/宗教改革など)
   科学的な見方・考え方(ガリレオ/ベーコン/デカルトなど)
   近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)
   自己実現と幸福(ヘーゲル/功利主義/プラグマティズムなど)
   社会主義と実存主義(マルクス/エンゲルス/ニーチェ/ハイデッガーなど)
   現代のヒューマニズム(ガンディー/キング牧師など)
   現代の思想(フランクフルト学派/構造主義など)
 現代の諸課題と倫理
   生命倫理と環境倫理における問題
   家族と地域社会・情報社会における問題
   異文化の理解と人類の福祉
 その他
   その他