新規登録 ログイン
検索条件
科目 倫理
タグ

1

2

3

4

22_80
Text_level_1
◯人物  イマヌエル・カントは1724年、ドイツのケーニヒスベルクに生まれた哲学者。敬虔なキリスト教の家庭で育ち、母校のケーニヒスベルク大学で教鞭を執り、ほとんどこの地を離れること無く静かに暮ら... (全て読む)
22_80
Text_level_1
自由からの逃走とは 戦時中の1941年に発表されたE.フロムの『自由からの逃走』はファシズムの研究、特にドイツのナチズムの研究です。 ナチズムを正しく理解するために、なぜ当時の人々はナチズムを支... (全て読む)
22_80
Text_level_1
青年期 青年期は、子供から成人へと成長する時期にいる人たちのことを指します。一般的に13,14歳~22,23歳までの期間が青年期とされています。 古代、中世などに比べて現代の文明は発達しており、... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  ロックは17世紀後半に活躍し、イギリス経験論を体系的に展開した哲学者・政治学者・医者。自然科学に興味を持ち、オックスフォード大学で医学を学び、物理学のニュートンらとも親交を持つ。ロンド... (全て読む)
22_80
Text_level_2
欲求とは何か 欲求と一口に言っても、様々なタイプのものがあります。 人には、食欲、睡眠欲、性欲など、生理的欲求を主とする一次的欲求と、愛情や名誉などの社会的欲求や、自己実現などの精神的欲求を主と... (全て読む)
22_80
Text_level_1
大乗仏教と小乗仏教 ブッダの死後、仏教の教えは何種類もの流派に分かれて行きました。その中で残ったのが、大乗仏教と小乗仏教という考えです。 ブッダが悟りを開くまでには、世の中の悲しみを感じ、それを... (全て読む)
22_80
Text_level_1
前回の続き 前回は、ホッブスの唱えた社会契約説に、ロックが抵抗権と革命権を付け加えた新しい社会契約説を提唱したと説明しました。 ロックはそのためには議会制民主主義を採用することがベストな手段であ... (全て読む)
22_80
Text_level_1
四苦八苦 仏教の教えで四苦八苦という言葉があります。現代では四文字熟語として扱われていますが、本来は仏教用語だったのですね。 ではこの四苦八苦とは何を指しているのかということですが、ブッダはまず... (全て読む)
22_80
Text_level_1
◯人物  フランスの17世紀という激動の時代を生きた天才で、数学・物理学・宗教哲学とその研究は多岐にわたっており、現在ではモラリストとして評価されている。モラリストとは16~17世紀のフランスに... (全て読む)
22_80
Text_level_1
王権神授説によって正当化された絶対王政に対して、人々は新しい視点から社会の在り方を考えるようになりました。 それまで、思想や文化においてこの考え方は進んでいましたが、ついに政治や社会の在り方にま... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 倫理
 人間としての自覚
   青年期の自己
   ギリシアの思想
   中国の思想
   その他の思想
   仏教
   キリスト教
   イスラーム教
 国際社会に生きる日本人としての自覚
   日本仏教の思想
   日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)
   国学と民衆思想(本居宣長/石田梅岩/二宮尊徳など)
   啓蒙思想と自由民権運動(福沢諭吉/中江兆民など)
   キリスト教の受容(プロテスタンティズム/内村鑑三など)
   国粋主義/国家主義/社会主義(徳富蘇峰/三宅雪嶺/幸徳秋水など)
   近代的自我の成立(近代文学/民本主義/女性解放など)
   近代の日本哲学(西田幾多郎/和辻哲郎など)
 現代に生きる人間の倫理
   近代思想の始まり(ルネサンス/宗教改革など)
   科学的な見方・考え方(ガリレオ/ベーコン/デカルトなど)
   近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)
   自己実現と幸福(ヘーゲル/功利主義/プラグマティズムなど)
   社会主義と実存主義(マルクス/エンゲルス/ニーチェ/ハイデッガーなど)
   現代のヒューマニズム(ガンディー/キング牧師など)
   現代の思想(フランクフルト学派/構造主義など)
 現代の諸課題と倫理
   生命倫理と環境倫理における問題
   家族と地域社会・情報社会における問題
   異文化の理解と人類の福祉
 その他
   その他