新規登録 ログイン
検索条件
科目 日本史
タグ

1

2

3

4

17_80
Text_level_1
日露戦争 日露戦争とは、日本とロシアが朝鮮半島と満洲で起こした戦争のことです。 大国ロシアと小国日本の戦い、どうみてもロシアが優勢という状況をはねのけ、日本はこの戦争で互角以上の戦いを繰り広げま... (全て読む)
17_80
Text_level_2
源平の争乱 平清盛が後白河法皇を幽閉し、平氏の専制政治が続くと思われましたが、その繁栄は長くは続きませんでした。 1180年(治承4年)、平清盛が孫の安徳天皇を即位させると、後白河法皇の第二皇子... (全て読む)
17_80
Text_level_1
天皇制の確立 日本の歴史をみるうえで、必ずキーパーソンになってくるのが時の天皇の存在です。 現在でこそ、天皇は日本国の象徴であると憲法に定められてはいますが、日本国憲法ができるまでは、天皇が実際... (全て読む)
17_80
Text_level_2
飛鳥文化 飛鳥文化とは 7世紀前半に、推古朝の時代に興った文化を飛鳥文化と言います。奈良県高市郡明日香村(飛鳥の地)に都があったことから、推古朝から大化の改新までの時代を飛鳥時代と言います。 飛... (全て読む)
17_80
Text_level_2
天平文化 律令制度は中央集権的な国家運営が目指され、その結果日本各地から様々な富が中央に集まりました。皇族や貴族は、これらの富を享受し、平城京を中心に貴族文化が花開きました。 この文化を聖武天皇... (全て読む)
17_80
Text_level_2
元寇後の鎌倉幕府 元寇は二度にわたって起こったため、鎌倉幕府は再度の襲撃に備え異国警固番役を引き続き御家人に課し、沿岸警備を行わせました。また、鎮西奉行に代わり鎮西探題を博多に置き、北条一門をこ... (全て読む)
17_80
Text_level_2
律令の成立 文部天皇の即位後、持統太上天皇と藤原不比等が中心となり、刑部親王を総裁として新しい律令の整備が進められました。 701年(大宝元年)、律と令の双方を備えた大宝律令が作られました。その... (全て読む)
17_80
Text_level_3
渡来人 弥生・古墳時代になると、中国大陸から渡来人と呼ばれる人々が日本にやってきて、さまざまな技術を伝来します。渡来人はおもしろいことに、その一族によって伝えた技術が異なっています。 ここでは、... (全て読む)
17_80
Text_level_2
古墳文化 古墳文化とは 弥生時代の後期になると、日本各地で大規模な墳丘の墓が作られるようになりました。古墳文化とは、4世紀から7世紀にかけて、大和政権の時代に壮大な高塚式古墳や渡来人によってもた... (全て読む)
17_80
Text_level_2
学問の発達 19世紀以降のヨーロッパでは、キリスト教の束縛から脱して、大学を中心に学問が急速に発達していきました。ダーウィンの進化論は1870年代後半にアメリカの動物学者で帝国大学理科大学(のち... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 日本史
 原始・古代の社会・文化と東アジア
   先土器時代・縄文時代
   弥生時代・古墳時代
   飛鳥時代・奈良時代
   平安時代
 中世の社会・文化と東アジア
   鎌倉時代
   南北朝時代・室町時代
 近世の社会・文化と国際関係
   戦国時代・安土桃山時代
   江戸時代
 近代日本の形成とアジア
   18世紀における国際環境の変化
   開国・明治維新
   立憲政治・憲法制定・議会の設立
   条約改正・日清/日露戦争
   近代産業の発展と文化の特色
 両世界大戦期の日本と世界
   第一次世界大戦
   政党政治の発展と大衆文化の形成
   国内情勢・第二次世界大戦・太平洋戦争
 第二次世界大戦後の日本と世界
   占領下の日本
   高度成長の時代
 その他
   その他