新規登録 ログイン
検索条件
科目 数学III
タグ

1

2

3

4

16_80
Text_level_1
前回のおさらい ここまで2回にわたって、数列の「収束」と「発散」についてみてきました。今回が3回目です。 ここでは、収束にも発散にもあてはまらない数列について考えていきたいと思います。 振動 ま... (全て読む)
16_80
Text_level_1
合成関数の導関数の公式 y= \left(x ^{2} -2x+4\right) ^{2} このような関数は、 u=x ^{2} -2x+4 とおくと y=u ^{2} u=x ^{2} -2x... (全て読む)
16_80
Text_level_1
法線とは y=f(x)という関数において、点A(a、f(a))があったとします。 このとき、この点Aにおける接線と垂直に交わる直線のことを法線と言います。 法線の傾きと方程式 この法線をlとし、... (全て読む)
16_80
Text_level_1
はじめに 三角関数の微分法で次の公式が成り立つことを学習したと思います。 \sin \acute{x}= \cos x \cos \acute{x}=- \sin x \tan \acute{x... (全て読む)
16_80
Text_level_1
不定積分 関数f(x)に対して、微分するとf'(x)になる関数、つまり F'(x)=f(x)となる関数F(x)のことを、f(x)の不定積分、または原始関数と言います。 例えば、 \acute{x... (全て読む)
16_80
Text_level_1
逆関数 逆関数とは、y=f(x)という関数があったときに、これをx=g(y)の形に変形して、その上でxとyの値を入れ替えて出来る関数、y=g(x)のことを言います。 では実際に問題を通して、逆関... (全て読む)
16_80
Text_level_1
無限級数が収束する条件 以下のような無限数列があるとします。 a _{1} ,a _{2} ,a _{3} ,a _{4} \cdots a _{n} \cdots この無限数列の和である無限級... (全て読む)
16_80
Text_level_1
グラフの平行移動 y=2x …① y=2(x-1)+3 …② ①と②のグラフの違いは何だったでしょうか? ②は、①のグラフをx軸方向に1、y軸方向に3だけ平行移動した放物線を描いたはずです。分数... (全て読む)
16_80
Text_level_1
積の導関数の公式 2つの関数、f(x)とg(x)が微分可能であるとき、次の公式が成立しました。 {f(x)g(x)}’=f’(x)g(x)+f(x)g’(x) 積の導関数の公式です。今回はこれを... (全て読む)
16_80
Text_level_1
z1=2+i、z2=1+3iのとき、z3=z1+z2を満たすz3の成分を求めてみましょう。 複素数平面の問題ですが、何かに似ていますよね? …そう、ベクトルの成分を求める問題に似ていますね。 例... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 数学III
 平面上の曲線と複素数平面
   平面上の曲線/媒介変数など
   複素数平面
 数列とその極限
   数列の極限
   無限等比数列
   無限級数
 関数とその極限
   分数関数と無理関数
   合成関数と逆関数
   関数値の極限
 微分法
   微分係数と導関数
   関数の和・差・積・商の導関数
   合成関数の導関数
   三角関数・指数関数・対数関数の導関数
   高次導関数など
   微分法:接線と法線
   微分法:関数値の変化・最大最小
   微分法:関数のグラフ
   微分法:速度と加速度
   微分法:近似値
 積分法
   不定積分と定積分の基本性質
   置換積分法/部分積分法/区間求積法など
   積分の応用(面積/体積/曲線の長さ)
 その他
   その他