新規登録 ログイン
検索条件
科目 数学I
タグ

1

2

3

4

12_80
Text_level_1
数学Ⅰの式の計算で使う公式 指数法則 a ^{m} a ^{n} =a ^{m+n} \left(a ^{m} \right) ^{n} =a ^{mn} \left(ab\right) ^{m... (全て読む)
12_80
Text_level_1
問題 頂点のx座標が1で、その他に2点(2、7)、(4、31)を通る2次関数の式を求めなさい。 <ヒント> 2次関数の式を求めるためには、求める2次関数の式を、"y=ax²+bx+c"または"y... (全て読む)
12_80
Text_level_1
様々な形の2次不等式 (x-1)(x-4)<0 まず(x-1)(x-4)<0の解き方を説明しましょう。 とりあえず、普通の2次方程式として考えてみる とりあえず不等号のことは忘れて、2次方程式 ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
はじめに ここでは、指数の計算をする前に押さえておきたい7つのポイントについて説明します。ちなみに5つが数学Ⅰの範囲で、残り2つが数学Ⅱで学習する範囲です。 ※前提条件として、a≠0、b≠0、そ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
三角比の拡張 これまでは三角形を用いて三角比を考えてきましたが、ここでは座標を用いて三角比を考えてみましょう。数学Ⅰの範囲では、座標を用いることで"0°〜180°"の三角比を考えるようになります... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の最大最小値は、 xの定義域によってその値が変化します。 次の問題を一緒に解いてみましょう。 y=x ^{2} -2x+4 …①のグラフにおいて 1:-1≦x≦0 2:0≦x≦2 3:2... (全て読む)
12_80
Text_level_1
3つの集合における共通部分と和集合 「集合Aと集合Bにおいて・・・」のように、2つの集合における共通部分や和集合に関しては、「 集合[共通部分と和集合の覚え方]」でみてきました。ここでは、集合が... (全て読む)
12_80
Text_level_1
もう1つの解の公式 2次方程式"ax²+bx+c=0"の解は、 解の公式を用いて x=- \frac{b}{2a} \pm \frac{ \sqrt{b ^{2} -4ac} }{2a} で求め... (全て読む)
12_80
Text_level_1
整式の次数と定数項 整式の次数と定数項を求めるためには、与えられた 整式を整理する必要があります。 x³y²-ab+3x³y²+4ab+2xyz+3 わかりやすくするために、同類項でまとめていき... (全て読む)
12_80
Text_level_1
判別式を用いた応用問題 判別式"D=b²−4ac"を使った応用問題を一緒に解いてみましょう。 問題 2次方程式"2x²+2mx+2m+4=0"が実数解をもたないときの定数mの範囲を求めましょう。... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 数学I
 数と式/集合
   多項式の加法・減法・乗法
   指数の計算
   因数分解
   実数/絶対値/平方根
   1次不等式
   2次方程式/解の公式
   集合と命題
 図形と計量
   三角比の基本(正弦/余弦/正接)
   三角比(座標/半円を用いた三角比)
   正弦定理・余弦定理
   三角形/多角形の面積・内接円/外接円・空間図形
 2次関数
   2次関数とグラフ(定義域/値域)
   2次関数の最大・最小値
   2次関数のグラフとx軸の位置関係・共有点・判別式
   2次方程式/2次不等式
 その他
   その他