新規登録 ログイン
検索条件
科目 漢文
タグ

1

2

3

4

10_80
Text_level_1
『杜子春伝』 ここでは中国の小説集「続玄怪録」の中の『杜子春伝』の「有一老人策杖於前〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。 白文(原文) 其妻号哭曰、 「誠為陋拙、有... (全て読む)
10_80
Text_level_1
はじめに ここでは中国の詩人白居易の詠んだ、「八月十五日夜、禁中独直、対月憶元九(八月十五日夜、禁中に独直し、月に対して元九を憶ふ)」の書き下し文と現代語訳、その解説を書いています。まずタイトル... (全て読む)
10_80
Text_level_1
論語『長沮・桀溺』 ここでは論語の中の微子編から『長沮・桀溺』の口語訳(現代語訳)と書き下し文、その解説を行っています。 白文(原文) 長沮桀溺耦而耕。 孔子過之、使子路問津焉。 長沮日、 「夫... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『褒姒大笑』 ここでは十八史略の中の『褒姒大笑』の書き下し文、現代語訳(口語訳)と解説を行っています。「褒姒大いに笑ふ(ほうじおおいにわらふ)」と読みます。 白文(原文) 至幽王之時、褒人有罪。... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『荊軻・図窮而匕首見』 ここでは司馬遷が著した史記から『荊軻・図窮而匕首見』の「群臣皆愕〜」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説を行っています。 ※ 十八史略のものとは異なる... (全て読む)
10_80
Text_level_1
子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不知而不慍。不亦君子乎。 このテキストでは、孔子の教えをまとめた書論語の中の一説、『子曰。學而時習之。不亦説乎。有朋自遠方來。不亦樂乎。人不... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『送杜少府之任蜀州』 ここでは、中国の詩人「王勃」が詠んだ漢詩『送杜少府之任蜀州』の書き下し文、現代語訳とその解説をおこなっています。タイトルは、「杜少府の任に蜀州に之くを送る」と書き下します。... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『人虎伝』 ここでは中国の説話集「唐人説会」におさめられている『人虎伝』(初、我於逆旅中〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。中島敦の短編小説「山月記」はこの話を元に書か... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『知音』 理解を深めるために知っておきたいこと 伯牙は琴の名人として知られ、鍾子期はその親友で、いつも伯牙の琴の音を聴いていました。鍾子期は伯牙の琴の一番の理解者でもありました。2人の友情は鍾子... (全て読む)
10_80
Text_level_1
論語『其身正不令而行』 ここでは論語の中の『其身正不令而行』で始まる文の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。 白文(原文) 子曰、 「其身正不令而行。其身不正雖令不従。」 書き下し文 ... (全て読む)

1

2

3

4