新規登録 ログイン
検索条件
科目 漢文
タグ

1

2

3

4

10_80
Text_level_1
はじめに ここでは、中国の故事である『華・王之優劣』の書き下し文と現代語訳を行っています。 白文(原文) 華歆・王朗倶乗船避難。 有一人欲依附。歆 輒難之。朗曰、 「幸尚寛、何為不可。」 後賊追... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『五十歩百歩』 ここでは、ことわざ「五十歩百歩」の由来となった、「五十歩百歩」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 あらすじ 魏の国の恵王が、政治顧問として招いた孟子に、次のようなことを... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『知音』 理解を深めるために知っておきたいこと 伯牙は琴の名人として知られ、鍾子期はその親友で、いつも伯牙の琴の音を聴いていました。鍾子期は伯牙の琴の一番の理解者でもありました。2人の友情は鍾子... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『杜子春伝』 ここでは中国の小説集「続玄怪録」の中の『杜子春伝』の「有一老人策杖於前〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。 白文(原文) 其妻号哭曰、 「誠為陋拙、有... (全て読む)
10_80
Text_level_1
はじめに 白文(原文) 魏武将見匈奴使。自以形陋、不足雄遠国。 使崔季珪代、帝自捉刀牀頭。 既畢、令間諜問日 「魏王如何」 匈奴使答日 「魏王雅望非常。然牀頭捉刀人、此乃英雄也。魏武聞之、追殺此... (全て読む)
10_80
Text_level_1
荘子『渾沌』 ここでは、荘子の中の『渾沌』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。 白文(原文) 南海之帝為儵、北海之帝為忽、中央之帝為渾沌。 儵与忽、時相与遇於渾沌之地。 渾... (全て読む)
10_80
Text_level_1
静夜思(静夜の思ひ) ここでは、中国の詩人、李白のよんだ句「静夜の思ひ」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この句は五つに並んだ漢字が四つのブロックからなる五言絶句です。「光(こう)」、... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『完璧帰趙』 ここでは、史記の中の『完璧帰趙』の「趙惠文王時、得楚和氏璧〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。 ※十八史略の 完璧とは異なるので注意して... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『人虎伝』 ここでは中国の説話集「唐人説会」におさめられている『人虎伝』(傪覧之驚曰、君之才行〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。中島敦の短編小説「山月記」はこの話を元... (全て読む)
10_80
Text_level_1
十八史略『荊軻』 ここでは「十八史略」の中の『荊軻』という話の「丹奔往、伏哭」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。 ※ここで扱っているのは十八史略のものですの... (全て読む)

1

2

3

4