新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容詞~ [ur] 前回は動詞について勉強をしましたね。 今回は形容詞について説明をします。 形容詞 形容詞とは、現代語と同じように事や者の状態・性質・人の感情を表す言葉で、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、中国の詩人杜甫が詠んだ「春望」の書き下し文と現代語訳をしていきます。 国 破 山 河 在 城 春 草 木 深 感 時 花 濺 涙 恨 別 鳥 驚 心 烽 火 連 三 月 家 ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 夏目漱石は明治から大正時代にかけて活躍した小説家です。坊ちゃんや吾輩は猫であるといった作品をご存じの方も多いでしょう。 ここでは、夏目漱石のおもな作品とちょっとしたあらすじをまとめてい... (全て読む)
1_80
Text_level_1
随筆とは エッセーとも呼ばれる随筆は、筆者が見聞き、体験をしたことを通じて感じたことを記した文章のことです。考えをただツラツラと書いたものなので、評論文のようにかっちりとしたものではなく、個人的... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」の現代語訳・口語訳と品詞分解をしています。作者は山上憶良です。 ※長歌: 「瓜食めば子ども思ほゆ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集及び小倉百人一首に収録されている歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 (※1)ひさか... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 作者は兼好法師(吉田兼好)です。 原文 ある人、弓 射るこ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
春はあけぼのの品詞分解 清少納言が書いた枕草子の中から、「春はあけぼの」の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 |春|ー| |は|係助詞| |あけぼの。|ー| |やうや... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む」という歌について説明していきます。 原文 磐代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば また還り... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他