新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」という歌について説明していきます。 原文 春 過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具... (全て読む)
1_80
Text_level_1
矛盾(むじゅん) みなさんは矛盾という言葉をご存じですか?「つじつまがあわない」という意味で使われる言葉ですが、「矛盾=つじつまがあわない」となったお話をご紹介しましょう。 昔あるところに、矛(... (全て読む)
1_80
Text_level_1
徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』 ここでは徒然草の中の『筑紫に、なにがしの押領使』(筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなる者のありけるが〜)の内容とポイントを記しています。 ※詳しい現代語訳... (全て読む)
1_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 ここでは伊勢物語の「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に〜)の内容とポイントを記しています。 ※詳しい現代語訳・口語訳とその解説はこちら 伊勢物語『初冠』のわかりやすい... (全て読む)
1_80
Text_level_1
連体詞 このテキストでは、連体詞の性質についてみていきましょう。 連体詞・・・なんだか難しそうですねぇ。 おくすることはありません!このテキストを読めばばっちり(のはず)です。 連体詞って? ま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「玉の緒よ絶えねば絶えね ながらへば忍ぶることの弱りもぞする」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。ちなみにこの歌は、小倉百人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
前回に続いて、2012年度の中学入試によく出題された四文字熟語の意味、由来や同じ意味をもつ言葉について説明しています。日能研の中学入試問題データを参照しています。 大同小異(だいどうしょうい)... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の冒頭部分についてみていきます。 【原文】 月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む」という歌について説明していきます。 原文 磐代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば また還り... (全て読む)
1_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第5回は伯父と叔父、伯母と叔母についてみていきましょう。どちらも"おじ"、"おば"と読みますが、どう... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他