新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「防人に 行くは誰が背と問ふ人を 見るがともしさ 物思ひもせず」という歌について説明していきます。 原文 防人に 行くは誰が背と問ふ人を 見るがと... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「夕立の雲もとまらぬ夏の日の かたぶく山にひぐらしの声」という歌について説明していきます。 原文 夕立の雲もとまらぬ夏の日の かたぶく山にひ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴くも」という歌について説明していきます。 原文 春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴... (全て読む)
1_80
Text_level_2
読解力があれば、と言うけれど。 ではどうやってそれを鍛えればいいか。 そう思ってる内は変わりません。方法論で足踏みをしてしまうから。 かといって、よく言われる「本を読む」にしてもそれだけに時間を... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、平家物語の冒頭部分、「祇園精舎」についてみていきます。 【原文】 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
前回のおさらい 前回のテキストでは、動詞の活用形について説明しましたね。 動詞の活用形には、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形という6つのパターンがあるんでしたね。 今回は動詞の活用... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 思ひつつ 寝ればや人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 平家物語によると、 「磯へ七、八段ばかりになりしかば、舟を横さまになす」 ということで、那須与一から扇の的までの距離は75m~85mあたりといったところでしょうか。 矢を射るまでの心境... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ゆるびもていく/緩びもて行く 連語 「ゆるびもていく」は、バ行四段活用の動詞「ゆるぶ」の連用形とカ行四段活用の動詞「もていく」の終止形がくっついた連語。 意味 だんだんとやわらいでいく、次第に緩... (全て読む)
1_80
Text_level_1
引っ張りだこ 「彼は人売れっ子で、いろんなとこから引っ張りだこだ」なんて言ったりしますよね。この「引っ張りだこ」の「だこ」ってそもそも蛸(海の生き物)なんでしょうか、それとも凧(正月にあげるもの... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他