新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
内裏の局 内裏の局(つぼね)、細殿、いみじうをかし。 上の蔀(しとみ)あげたれば、風いみじう吹き入れて、夏もいみじう涼し。 冬は、雪あられなどの、風にたぐひて降り入りたるも、いとをかし。 狭くて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おもひやる/思ひ遣る ラ行四段活用 |未然形|おもひやら| |連用形|おもひやり| |終止形|おもひやる| |連体形|おもひやる| |已然形|おもひやれ| |命令形|おもひやれ| 意味1:他動詞... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みぐるし/見苦し 形容詞・シク活用 |未然形|みぐるしく|みぐるしから| |連用形|みぐるしく|みぐるしかり| |終止形|みぐるし|◯| |連体形|みぐるしき|みぐるしかる| |已然形|みぐるし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
丹波に出雲といふ所あり 徒然草『丹波に出雲といふ所あり』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 次の文章を読み、問いに答えよ 丹波に出雲と云ふ所あり。大社を移して、めでたく造れ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
きす/着す/著す サ行下二段活用 |未然形|きせ| |連用形|きせ| |終止形|きす| |連体形|きする| |已然形|きすれ| |命令形|きせよ| 意味1:他動詞 (衣などを) 着せる、身にまと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さしかたむ/差し固む/鎖し固む マ行下二段活用 |未然形|さしかため| |連用形|さしかため| |終止形|さしかたむ| |連体形|さしかたむる| |已然形|さしかたむれ| |命令形|さしかためよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、万葉集で詠まれている「この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ」という歌について説明していきます。 原文 この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我はなりなむ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集で詠まれている「色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける」という歌について説明していきます。 原文 色見えで移ろふものは世の中の人の心の花にぞありける 現... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いだしたつ/出だし立つ タ行下二段活用 |未然形|いだしたて| |連用形|いだしたて| |終止形|いだしたつ| |連体形|いだしたつる| |已然形|いだしたつれ| |命令形|いだしたてよ| 意味... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 竹取物語の一説、「天の羽衣」ついて現代語訳をしています。天の羽衣は、「かぐや姫の昇天」の中の一説です。 天の羽衣 天人の中(の一人)に、持たせている箱があります。(この箱には)天の羽衣... (全て読む)

1

2

3

4

5


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他