新規登録 ログイン
検索条件
科目 化学
タグ

1

2

3

4

23_80
Text_level_1
ハロゲンの性質 ハロゲンとは、第17族に属する元素の総称です。 ・F  フッ素 ・Cl 塩素 ・Br 臭素 ・I  ヨウ素 ・At アスタチン 17族元素のハロゲンは最外殻電子(価電子)が7個な... (全て読む)
23_80
Text_level_1
可逆反応と不可逆反応 化学の反応には2タイプのものがあります。可逆反応と不可逆反応です。この2つの反応は相反する反応です。早速みてみましょう。 可逆反応 H _{2} +I _{2} \Left... (全て読む)
23_80
Text_level_1
はじめに 純粋な水でも、わずかに水素イオンと水酸化物イオンに電離をしており、次のような電離平衡の状態にあります。 H _{2} O \Leftrightarrow H ^{+} +OH ^{-}... (全て読む)
23_80
Text_level_1
単体と化合物 水(H20)を電気分解すると、水素(H2)と酸素(O2)にわけることができます。 このとき、水は2つの物質から形成されている化合物であるといいます。 一方で、水素や酸素はそれ以上分... (全て読む)
23_80
Text_level_1
混合物の分離方法 混合物から、その混合物を形成する純物質をとりだす方法を分離と言います。 分離には6パターンの方法がありますので、それぞれみてみましょう。 ろ過 中学生のころに実験でやられた方も... (全て読む)
23_80
Text_level_1
はじめに 亜鉛は12族に属する元素で、2価の陽イオンになりやすいです。 ここでは亜鉛の主な反応についてみていきましょう。 酸化亜鉛 亜鉛を気化させたものを空気中で加熱すると、酸化亜鉛ができます。... (全て読む)
23_80
Text_level_1
はじめに 前回は アボガドロ数が何なのかということについて説明しました。 6.02×10²³個がモルと何に関係があるのかと思われるでしょうが、今回はその点を踏まえてモルについて説明していきます。... (全て読む)
23_80
Text_level_2
中和反応の計算問題についてみていきましょう。 中和反応には次のような公式があります。 酸の価数×酸の物質量=塩基の価数×塩基の物質量 物質量=モル濃度×体積 この式さえ押さえていれば、 中和反応... (全て読む)
23_80
Text_level_1
単体と化合物、元素の登場 水素や酸素のように、物質的にそれ以上分解をすることができない物質を単体といいます。 一方で、水(H2O)や二酸化炭素(CO2)のように、分解すると2つ以上の物質にわかれ... (全て読む)
23_80
Text_level_1
酸化数の登場背景 2Cu+O2→2CuOのような反応はイオン結合なので、電子がどのように移動したのかがわかりやすいです。しかしながら世の中には、 電子がどのようにいったりきたりしたのかがわからな... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 化学
 化学基礎:物質の構成
   化学基礎:単体/化合物/混合物
   化学基礎:熱運動と物質の三態
   化学基礎:原子の構造
   化学基礎:電子配置と周期表
   化学基礎:イオンとイオン結合
   化学基礎:金属と金属結合
   化学基礎:分子と共有結合
 化学基礎:物質の変化
   化学基礎:原子量・分子量と物質量
   化学基礎:化学反応式
   化学基礎:酸と塩基
   化学基礎:水素イオンとpH
   化学基礎:中和反応
   化学基礎:酸化還元反応
 化学:物質の状態とその変化
   化学:状態変化/分子間力/化学結合/固体の構造
   化学:気体の法則
   化学:溶液
 化学:物質の変化と平衡
   化学:化学反応と熱・光
   化学:電気分解/電池
 化学:化学反応と化学平衡
   化学:反応速度
   化学:可逆反応/化学平衡とその移動
   化学:電離平衡
 化学:無機物質
   化学:典型元素
   化学:遷移元素
 化学:有機化合物
   化学:炭化水素
   化学:官能基を含む有機化合物
   化学:芳香族化合物
 化学:高分子化合物
   化学:合成高分子化合物
   化学:天然高分子化合物
 その他
   その他