新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

6

7

8

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 大人になりたまひて後は、ありしやうに御簾の内にも入れたまはず。御遊びの折々、琴笛の音に聞こえかよひ、ほのかなる御声を慰めにて、内... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、このテキストは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『平泉』 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の現代語訳・口語訳、そしてその解説をしています。 読むにあたって この「平泉」の章では、松尾芭蕉... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 その夜、大臣の御里に源氏の君まかでさせたまふ。作法世にめづらしきまで、もてかしづききこえたまへり。いときびはにておはしたるを、ゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』 このテキストでは、平家物語の中の一説「木曾最期」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 あらすじ 以仁王(もちひとおう:後白河天皇の子)の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(三河国編)』 このテキストでは、伊勢物語「東下り(三河国編)」(昔、男ありけり〜)の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 「昔、男ありけり〜」の現代語訳と解説」 品詞分解 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 はかなく日ごろ過ぎて、後のわざなどにもこまかにとぶらはせたまふ。 ほど経るままに、せむ方なう悲しう思さるるに、御方がたの御宿直な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~動詞編~ 古文にも現代文の同じように、動詞や形容詞といった品詞が登場してきます。 普段日本語を話すときにで、動詞だの形容詞だのと意識しながら話をする方はほとんどいないと思いま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記 門出(馬のはなむけ) ここでは、紀貫之が著した土佐日記の中の「門出」の「男もすなる日記といふものを〜」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「馬のはなむけ」と題する... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

8