新規登録 ログイン
検索条件
科目 数学II
タグ

1

2

3

4

5

6

7

8

14_80
Text_level_1
導関数の計算法則 関数f(x)とg(x)の導関数、f'(x)とg'(x)が存在する時、次の計算法則が成り立ちます。 {f(x)+g(x)}'=f'(x)+g'(x) …① {kf(x)}'k=f... (全て読む)
14_80
Text_level_1
アポロニウスの円とは mとnが異なる正の数のとき、2つの点AとBからの距離がm:nである点Pの軌跡は、線分ABをm:nに内分する点と、線分ABをm:nに外分する点を直径の両端とする円になります。... (全て読む)
14_80
Text_level_1
微分の最大値と最小値 2次関数でも最大値・最小値について学習しましたね。 例えば、-1<x<3のとき、y=ax^{2}の最大最小値を求めなさいというやつです。 ここでは微分の最大値と最小値につい... (全て読む)
14_80
Text_level_1
関数f(x)の微分係数\acute{f}(x)は、 曲線y=f(x)上の点A(a、f(a))における接線の傾きを表しています。 傾きが\acute{f}(x)で、点A(a、f(a))を通ること... (全て読む)
14_80
Text_level_1
4次方程式の因数分解 4次方程式、 x^{4}-2x^{2}-3=0 を解いてみましょう。 P\left(x\right)=x^{4}-2x^{2}-3 としたときに、この式が0になるxの値は…... (全て読む)
14_80
Text_level_1
1点と傾きから直線の方程式の求める 点A(x1,y1)を通り、傾きがmである直線の方程式は y-y1=m(x-x1) で求めることができます。 例えば 傾きが2で、点(2,3)を通る直線の方程式... (全て読む)
14_80
Text_level_2
x軸とy軸に接する? 円に関する問題を解いていく中で、 x軸とy軸に接する円というものが出てきます。これについて説明しましょう。 図に書いてある円が、x軸とy軸に接する円です。見ての通り、x軸と... (全て読む)
14_80
Text_level_1
指数のついた導関数 前回のテキストで、 f(x)=x のとき \acute{f}(x)=1 f(x)=x^{2} のとき \acute{f}(x)=2x f(x)=x^{3} のとき \acut... (全て読む)
14_80
Text_level_1
定積分の計算のしかた 関数f(x)の1つの不定積分をF(x)とするとき、2つの実数aとbに対して F(b)-F(a)をf(x)のaからbまでの定積分といい \int_{a}^{b} f \lef... (全て読む)
14_80
Text_level_1
はじめに 平方根の中の数字は、今まで正の数であることが一般的でした。 しかし複素数という概念が出てきたために、その考え方を改めなければなりません。 つまり、平方根の中に負の数が入ることがあるので... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

8


知りたいことを検索!

 数学II
 式と証明
   多項式の乗法と除法
   分数式
   恒等式/等式の証明
   不等式の証明
   二項定理
 高次方程式
   複素数
   2次方程式(判別式/係数の関係/数の大小)
   剰余の定理と因数定理
   高次方程式
 点と直線
   点の距離
   内分点/外分点
   座標上の多角形
   直線の方程式
   垂直/平行な2直線
   2直線の交点
   点と直線の距離
 円
   円の方程式
   円と直線の関係
   円:軌跡の方程式
   不等式の表す領域
 指数関数と対数関数
   指数と指数関数
   対数と対数関数
 三角関数
   三角関数
   加法定理/倍角の公式
 微分
   平均変化率・極限値
   微分係数と導関数
   微分:接線
   微分:関数の増大と極大・極小
   微分:最大値・最小値
   微分:関数のグラフと方程式・不等式
 積分
   不定積分
   定積分
   積分:面積
 その他
   その他