新規登録 ログイン
検索条件
タグ 品詞分解

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
徒然草「九月二十日のころ」 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「九月二十日のころ」の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 「九月二十日のころ」の現代語訳と解説 品詞分解 ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『かぐや姫の昇天』 ここでは、竹取物語の『かぐや姫の昇天』の「立てる人どもは~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。 ※前回のテキスト: 『かかるほどに、宵うち過ぎて~』の品詞分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大和物語『姨捨』 ここでは、大和物語の中の『姨捨』(信濃の国に更級といふ所に、男住みけり〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 大和物語『姨捨』の現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省略してあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。藤原定家が詠んだ歌で、三夕... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 ここでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曾左馬頭、その日の装束には~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするもの... (全て読む)
1_80
Text_level_1
猫また このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「猫また」(奥山に、猫またといふものありて〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 徒然草『猫また』現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省... (全て読む)
9_80
Text_level_1
二月つごもりごろに ここでは、清少納言が書いた枕草子の中の『二月つごもりごろに』の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 枕草子『二月つごもりごろに』のわかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 ここでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(前の世にも御契りや深かりけむ〜)の品詞分解をしています。書籍によっては『光る君誕生』とするものもあるようです。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『家居のつきづきしく』 ここでは徒然草の中の『家居のつきづきしく』の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 徒然草『家居のつきづきしく』の現代語訳 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 |家... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋』 ここでは、源氏物語の中の『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 「 げに、いかに思ふらむ、我が身ひとつにより、親、はらから、かた... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7


知りたいことを検索!