新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月日経て、若宮参りたまひぬ。いとどこの世のものならず清らにおよすげたまへれば、いとゆゆしう思したり。 明くる年の春、坊定まりたまふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 ここでは、源氏物語の『若紫』の「日もいと長きにつれづれなれば〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 ここでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(前の世にも御契りや深かりけむ〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『光る君誕生』とするも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
成人式  元服といった言葉にみられるように、当時の貴族の子供たちは「大人になる儀式」を通して一人前の大人と認められました。ここではその風習について述べたいと思います。 男子成人式 まず男子ですが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、このテキストは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。「慰むや」と、さるべき人びと参らせたまへど、 「なずらひに思さるるだにいとかたき世か... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 野分立ちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、常よりも思し出づること多くて、靫負命婦といふを遣はす。夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『平泉』 このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「平泉」の章について解説しています。 読むにあたって この「平泉」の章では、松尾芭蕉が平泉を訪れたことを中心にストーリーが展開されます。... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7